自分でロゴ作成する前に知っておきたい シンボルマークとロゴマークの違い

こんにちは、yamaです。

「ひとり広報」のサイトを立ち上げる時、ブログの内容はもちろん考えましたけど、それと同時に作成したのがロゴマークです。

ブログのアクセスもまだまだですが、「ロゴマーク素敵ですね」なんて言っていただいたりもしたので、今回はボクが作った「ひとり広報」を実例に、ロゴマークの作成方法を2回に分けて紹介します。

自分のブログを立ち上げたけど、ロゴマークがまだないという方、
自分で作ってみたいけど、どうやっていいかわからない!というブロガーさんの参考になればと思います。

ロゴマークを作成するときは、いきなりパソコンの前で唸りながら作業をするより、それなりの順序を追っていった方が作業時間も速く納得のいくものができます。
まずは、ロゴマークって何?というところから紹介していきましょう。

0927logoimage001

ロゴマークには種類がある

一般的にロゴマークって一括りで言いますけど、実はロゴには種類があります。それぞれ何が違うかを説明していきますね。

ロゴタイプ

社名やブランド名をデザインされた文字で表現しているのが、ロゴタイプです。
基本的に「文字」なので、読みやすくてシンプルです。そのため多くの人に覚えてもらえるのが特徴ですね。

ボクの好きなカメラメーカーを例にしてみましょう。

0927logotype001

どれも社名を覚えている大企業さんですね。ブランド名を覚えてもらいたい場合はロゴタイプがおすすめです。
ロゴタイプは一見簡単そうに見えますが、難易度は非常に高いです。「文字だけ」と言っても、PCにインストールされている書体で適当に打ち出すわけではなく、オリジナルの書体を作るイメージです。そう聞くとグッと難易度が上がる感じがしませんか?
ですが、実務レベルで言うとロゴタイプの提案って採用されにくいです。理由は簡単で、それこそ「文字だけ」だからです。デザインしていないじゃんって言われちゃうわけですね。

割と普通に「ここの文字は明朝にしてください」とか言われちゃいますからね。
そもそも、文字をデザインしているとは考えてもいただけないというね、、

そのためか、中小企業を中心にロゴマークとして広まっているのは、次に紹介するシンボルマークとロゴタイプを組み合わせたものになります。

シンボルマーク

会社、団体、個人、家系などを象徴する意匠・マークのことです。
図案化されているので、デザインの幅が非常に広がります。
抽象的なイメージを表現しているものが多いですね。

0927logomark001

上のシンボルマークは社名が入っていなくても、どこのマークかすぐ分かりますよね。
シンボルマークの特徴は、図形を使う事でより覚えやすく、親しみやすくなります。
ちなみに日本人にはおなじみの家紋もシンボルマークですね。

ロゴマーク

上記のロゴタイプとシンボルマークを組み合わせたものです。
皆さんが、ロゴマーク、ロゴと言うのはこれではないでしょうか。
図形と文字を組み合わせることで表現のバリエーションも広がり、色々な媒体に利用しやすいです。
シンボル部分だけ、タイプ部分だけと、媒体の種類や全体のバランスによって使い分けもできます。
使い勝手も良いので、多くの企業さんがこのパターンでロゴを使用しています。
「ひとり広報」のロゴもこのタイプですね。

20160927pic004

上の図は、当ブログのロゴマークです。左にシンボルマーク、右にロゴタイプの組み合わせです。
シンボルマークはイラストレータというソフトで作成、ロゴタイプは既存の書体に少しアレンジを加えたものです。

またもや実務的な話ですが、シンボルはオリジナル、ロゴタイプは既存書体というのが中小企業では多いかなと。
ロゴタイプまでオリジナルで作るのはなかなか見かけません。もちろん、それなりに印象的な書体が使われていますけど、既存書体かどうかは見ればすぐにわかりますからね。

それは別に悪い事でもなくて、見やすい書体を上手くアレンジしてあげればいいかなって個人的には思います。

最後に、今回のまとめ

ロゴマークの基本的な構成について書きました。シンボルマークがあると、それなりにロゴらしくなるって感じは掴めましたでしょうか?

次回は、ひとり広報のロゴマークのワークフローを紹介します。

それでは、今回はこのへんで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です