富士フイルム X-T20は子供撮影に初心者も使いやすいカメラなの?【感想と作例】

富士フイルムX-T20 作例

こんにちは、yamaです。

富士フイルムのミラーレス一眼のX-T20を購入して、3ヶ月が経過しました。
主に子供を撮影するカメラとしてX-T20を使用した感想と作例を紹介します。

  • 初心者さんでも使いやすいカメラか?
  • 家族で使えるカメラか?
  • 撮影時の使い勝手
  • 写真の画質

これらを中心にまとめていきます。

富士フイルム X-T20は初心者でも使いやすいカメラなの?

X-T20はとても良いカメラです。
作例も紹介しますが、写真画質も素晴らしいです。

ですが、初心者さんにとって最適なカメラとは言えません。

同じ初心者さんでも、本格的にカメラを操作を覚えたい方と、オート機能中心に一眼を使う方 では、必要なカメラが異なるためです。

X-T20が向いている方

富士フイルム X-T20の外観

クラシックでカメラらしいデザインですよね。
撮影の設定もアナログダイヤルやボタンを中心に操作します。

X-T20がオススメな方
  • クラシックなデザインがOKな方
  • アナログダイヤルの操作に拒否反応のない方
  • これから本格的にカメラ操作を覚えたい方

カメラらしい雰囲気に惹かれる方には楽しめるカメラでしょう。
アナログダイヤルも機能を理解すれば使いやすいです。

X-T20の詳しいレビューは、富士フイルム X-T30が発売されるので、X-T20を購入して比較検討してみました の記事で紹介しています。

 

X-T20が向かない方

スマホからのステップアップとして一眼カメラを使いたい方は多いと思います。
でも、難しい操作をしたいわけではないですよね。気軽に綺麗な写真を撮りたいわけです。

富士フイルムのカメラは「アナログ操作を楽しむ」という要素が強いため、オート中心で一眼カメラを使いたい方には独特の操作感が煩わしく感じるでしょう。

X-T20のAUTO切替えレバー

X-T20は「アドバンストSRオート」というオート撮影機能や、タッチパネルにも対応していますが、アナログ操作の補助的な要素に感じます。
特にタッチパネルを使ったAF(タッチパッドAF)のカクカクした操作感はイマイチかな?という感想です。

タッチパネルの操作感は、後継機のX-T30で大きく改善されていました。
店頭でX-T30を触ってみましたがとても快適でしたよ。

X-T20は、ボタンやダイヤル中心の操作になるため、最近のカメラの中では「じっくり撮る」部類に入ると思います。
スナップ撮影にも十分使えますが、

yama
スマホのような突き抜けた軽快さはないかなって感じです。

 

軽快さ重視の方には、Panasonicのミラーレス一眼 GF10 がおすすめです。

自撮りに特化した LUMIX GF10は家族旅行・お出かけに最適なミラーレス一眼!

2018.02.25

自撮り機能に特化したミラーレス一眼です。家族や友達と使うにはピッタシですね。

 

同じ富士フイルムのカメラであれば、X-A5という機種もあります。

 

X-T20は家族で使えるカメラか?

富士フイルム X-T20 作例写真

ボクの家族は「難しそう」「壊しそう」と使いたがりません。
X-T20の良さであるカメラらしい外観は、初心者さんやカメラに興味のない方にとっては扱いづらいと感じるようです。

yama
オート機能があるよって説明しても、操作するのが怖いみたいですね

家族で使うのは難しいカメラかなと思います。

ボクがX-T20を使う時は自分を撮ってもらうことは諦めて、ひたすら家族や子供たちを撮っています。
それが楽しめる方には、ホントに楽しいカメラですね。

 

富士フイルム X-T20で子供を撮影した操作感

日常生活の子供たちを撮ることもありますが、子供撮影のメインは外出時やイベント時です。
ですが、せっかく撮った写真が手ブレしていたり、ピントがあっていないと凹みますよね。

失敗写真を防ぐために有効なのが、

  • 手ぶれ補正
  • 動く被写体を追従するオートフォーカス

といったサポート機能です。

X-T20に手ぶれ補正機能はない

X-T20の本体には手振れ補正機能がありません。
そのため、レンズ側の手ぶれ補正機能を使います。

yama
富士フイルムのレンズでは「OIS」と書かれたレンズは手ぶれ補正機能が搭載されています。

X-T20のキットレンズ(XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)は手ぶれ補正機能が搭載されています。
ボクもこのレンズを使っていますが、室内の撮影でも手ぶれはありませんでした。

X-T20のオートフォーカスは必要十分

富士フイルムのカメラは、他メーカーと比較してオートフォーカスが弱いとも言われています。
X-T20を使用した感想は、子供達を追いかける程度には充分なオートフォーカス性能 です。

オートフォーカスの動作速度、動いている人物の追従性も必要十分な精度があります。

X-T20で子供撮影をして気になるところ

子供たちを撮影するには充分なX-T20ですが、自撮りは不向きなカメラ です。

液晶画面が被写体側に回転しないため、手持ちで自撮りする時はカンを頼りに操作します。
また、本体とキットレンズで約700gと重量があります。カメラを片手で持つ自撮りポジションを維持するのが大変です。

自撮りする時は、富士フイルムのスマホアプリ Camera Remote を使った方が良いでしょう。
Camera Remoteは、データの転送やカメラ操作ができるアプリです。

X-T20を家族で使うカメラとして見た場合、自撮りに不向きな点の方が気になるかもしれませんね。

 

X-T20の写真作例

富士フイルムのカメラ良さは、jpg画像の美しさです。
様々な色調や階調を楽しめる フィルムシュミレーション は、撮影しながら試すのが面白いですね。

作例は、jpg画像をLightroomで色調補正しています。

人物撮影の作例

X-T20の作例

フィルムシミレーションはASTIA(アスティア)を使うことが多いです。
ソフトな写りが好きなんですよね。

PLフィルターを使って水面の反射を調整しています。
X-T20のキットレンズ(XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)のフィルター径は58mmです。
PLフィルターは屋外での撮影に便利ですよ。

 

動き物の作例

X-T20で動き物の作例

家族で鴨川シーワールドに遊びに行った時に撮りました。
富士フイルムのカメラはオートフォーカスが弱いと聞いていた中での動き物の撮影でしたが、問題なく撮れたと思います。


X-T20で激しいスポーツを撮るのは難しいかもしれませんが、一般的な活動範囲での撮影には十分に対応できます。
遊んでいる子供たちを追従するくらいは問題なしです。

最後に、今回のまとめ

富士フイルム X-T20で家族や子供たちを撮影した感想をまとめました。

X-T20は、富士フイルムのカメラの中ではスタンダードな位置づけですが、カメラ操作を覚えたい方・カメラ操作を楽しみたい方向けのカメラです。

家族用のカメラとして使う場合、次のことがポイントになると思います。

  • アナログ操作中心
  • 手ぶれ補正がない
  • タッチパネルの操作性
  • 自撮りが大変

家族でカメラを使う場合、カメラ操作に慣れていない(興味がない)方が使うことも考える必要があります。
その点ではX-T20は不向きなカメラです。

X-T20は手ぶれ補正機能がないため、難しいカメラと感じるかもしれません。
でも、手ぶれ補正なしの一眼って多いんですよ。
例えば、一眼レフで超有名な「Canon EOS Kiss」も本体に手ぶれ補正機能はありませんよね。
それでも多くのファミリー層に親しまれているカメラです。
手ぶれ補正はレンズ側でも対応できるので、それほど気にしなくても大丈夫だと思います。

タッチパネルの操作性や滑らかさはもう一つといった感じです。
後継機のX-T30ではタッチパネルの操作性が改善されていました。全体のレスポンスも高速になった印象です。

自撮り手持ちでするのはかなりキツイです。
X-T20で自撮りする時は、スマホアプリを使ったリモート操作の方がよいでしょう。

X-T20でも家族や子供たちの撮影には十分対応できますが、より快適に使いなら最新機種もいいですよね。

 

それでは、今回はこのへんで。

 




富士フイルムX-T20 作例

デザインのコツがわかる!
無料メールマガジン配信中!!

メルマガ登録

デザインの基礎がわかる!
全10回だから気軽にできる!
実際のデザイン案件をベースにした実習あり!

10回でマスターできる! レイアウトデザインのコツ
デザインの基礎について、実際の案件をベースにしたデザインワークを行う無料デザイン講座です。

個人・ブロガー向け
デザイン制作サービス

デザイン作成承ります

個人で活動している方、ブロガー向けのデザイン作成サービスです。

ロゴマークや名刺など、デザインでお悩みの方 !

自分で作る時間がない!」
「自分で作りたいけどまとまらない!」
「何をどうしていいのかわからない!!」

そんなデザインに関する悩みを解決します。
個人で仕事を依頼するって何だか難しく感じますが、メール等で打ち合わせしながらデザインを進めています。
料金設定も個人向けにわかりやすく設定しています。

お問い合わせフォームまたは、下記のページからご相談ください!
お待ちしております!

ひとり広報 Line@

デザインのコツに関する質問・疑問。デジカメの購入相談など。Line@も気軽に使ってください!

ひとり広報が「LINE@」始めたよって話

2017.09.18

Line@友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA