FUJIFILM XF10 レビュー 気軽に富士フィルムの高画質が楽しめる軽量コンデジ!

FUJIFILM XF10 画像

こんにちは、yamaです。

FUJIFILMのコンデジ XF10 を購入したのでレビューします。

ボクが購入した理由は、画質に定評ある富士フイルムのカメラを気軽に楽しみたいからです。
正直なところ、それだけと言ってもいいくらいです。
軽量コンパクトなXF10はジーンズのポケットにもおさまります。

富士フィルムの写真画質が気になっている。
難しいことを考えずに気軽に写真を楽しみたい、しかも高画質で。

そんな方におすすめなコンデジです。

この記事では、

  • FUJIFILM XF10の特徴
  • 他のレビュー記事で指摘されている点の検証
  • XF10で特に気に入っている点
  • 作例

これらを中心にレビューしていきます。

FUJIFILM XF10ってコンデジの中でどんなカメラ?

XF10はコンデジの中でも「高級コンパクト」と言われるカメラです。

ボクがこれまでにレビューしてきた、SONY RX100シリーズやRICOH GRⅡ、SIGMA DPシリーズなども「高級コンパクト」と言われるデジカメです。

高級コンパクトってどんなデジカメ?
  • 標準的なコンデジよりセンサーサイズが大きい
  • 画質を重視している
  • 単焦点レンズのモデルも多い
  • マニュアル操作が充実している
  • ポケットサイズからカバンに入れて持ち運ぶサイズまで様々
  • 手ぶれ補正のないモデルも多い
  • 外部フラッシュに対応するなど拡張性が高い

タッチパネルや4K動画は、「高級機」では対応して当たり前に感じそうですが、機種によって異なります。写真画質や従来のカメラらしい操作感を重視するモデルでは省略されることもあります。

yama
要はマニアックでニッチなジャンルですね。

XF10はどんなカメラかと言うと、こんな感じです。

  • 一眼レフ(ミラーレス)同等のAPS-Cサイズの大型センサー
  • 広角28mm F2.8の単焦点レンズ
  • ポケットに入るコンパクトモデル
  • マニュアル操作が可能
  • タッチパネル対応
  • 4K動画対応
  • 手ぶれ補正には非対応

といった具合に、高級コンパクトのスペックを有しています。

XF10は、大型センサーによる高画質をポケットサイズにおさめ、タッチパネルにも対応することで気軽さをアピールしたカメラですが、手ぶれ補正を省略するなど、一般的なユーザーには戸惑うスペックです。

また、マニアであれば喜びそうな露出補正ダイヤルやアクセサリーシューを省略し、操作性をカスタマイズできるファンクションボタンを限定しています。
特に、生粋のFUJIFILMユーザーはイマイチと感じるスペックかと思います。

XF10は、高画質を気軽に使えるライト層向けのコンデジですが、スペック的にも操作性的にも微妙にクセのあるカメラと言えます。

FUJIFILMの高級コンデジはXF10とX100F

富士フイルムのデジカメは、ハイエンドデジカメで構成されているXシリーズが人気です。

Xシリーズは、

  • Xミラーレスデジタルカメラ(レンズ交換式)
  • Xプレミアムコンパクトカメラ(高級コンデジ)

で構成されています。
現在ラインアップされているXプレミアムコンパクトカメラは2機種、 XF10とX100Fです。

yama
機種名似すぎて打ち間違えかと思うわ(汗)

いずれも「高級コンパクト」に属するカメラですが、性能はかなり違います。

X100FとXF10の違い

X100Fの特徴は、

  • ファインダー付(アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー)
  • 単焦点 35mm F2.0の明るいレンズ
  • X-Trans CMOS IIIセンサー 
  • 高級感のあるデザイン
  • 直感的なアナログ操作を重視
  • アクセサリー類が豊富
  • XF10より価格が高い

外装やデザインの上質さと従来のカメラ操作にこだわった機種 になっています。
しかし、タッチパネルや4K動画などの最近のトレンド機能は非対応になっています。

詳しい仕様は、FUJIFILM X100Fの公式製品ウェブサイト で確認してくださいね。

yama
ボクは初代X100を使っていましたが、過去一番長く使ったカメラです。とっても良いカメラでしたね。

X100Fは、X-Trans CMOS IIIセンサー  という富士フィルムの中級・上級機種の証とも言えるセンサーを搭載しています。

カメラ初心者さんや富士フィルムのカメラに馴染みのない方には、「X-Transかどうかは、それほど気にならない」ことです。
ですが、ファームウェアの更新頻度や広告戦略などのメーカー側の姿勢、富士フィルムのカメラを長く愛用している方を見ると、X-Trans 搭載か非搭載かでそのカメラへの愛着が変わる。
と、思えるほど「X-Transの搭載・非搭載」は重要視されているように感じます。(あくまでボクの感想です。)

XF10は X-Trans を搭載していません。
よって、メーカーの中でもXシリーズの入門機という位置づけになります。

kanna
コンパクトカメラの入門機が単焦点なんて、十分にマニアックだよね(汗)

X100 富士フイルム ユーザー必見! フジのデジカメはHDRでさらに面白くなる!

2016.07.16

 

 

以下、体験レビューを交えて順次公開していきますね。

  • XF10のデザイン
  • XF10とスマホの関係
  • XF10の特徴
  • XF10のスペックで指摘されている点の検証
  • XF10は誰にでも使いやすいか?
  • XF10 個人的にココが特にツボ!
FUJIFILM XF10 画像




【ブロガー・個人向け】 デザインの悩み解決します!

グラフィックデザイン作成サービス

ブロガー、個人で活動している方向けのデザイン作成サービスです。

ロゴマークや名刺など、デザインでお悩みの方 !

自分で作る時間がない!」
「自分で作りたいけどまとまらない!」
「何をどうしていいのかわからない!!」

そんなデザインに関する悩みを解決します。
個人で仕事を依頼するって何だか難しく感じますが、メール等で打ち合わせしながらデザインを進めています。
料金設定も個人向けにわかりやすく設定しています。

お問い合わせフォームまたは、下記のページからご相談ください!
お待ちしております!

何でも聞いちゃってください!
ひとり広報 Line@

デザインのコツに関する質問・疑問
デジカメの購入相談など。
気軽に使ってください!

↓ コチラをポチッと

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA