Menu
無料メールマガジン

デザインのコツがわかる!
無料メールマガジン配信中!

デザインの基礎がわかる!
全10回だから気軽にできる!
実際のデザイン案件ベースの実習あり!

yama
ひとり広報・デザイナー
デザインがちょっと得意な静岡県民。趣味はカメラと写真。将来はフィンランドに移住し、オーロラを撮影したいと本気で思っている2児の父。
デザインのコツがわかる無料メルマガ配信中!詳しくはこちら!

無駄に凄い!FUJIFILM XF10はHDR写真を撮る人にマストバイなコンデジ !

fujifilm XF10 HDR写真

こんにちは、yamaです。

先日購入したコンデジ  FUJIFILM XF10 。とても気に入って使っています。

個人的なツボは、ポケットに入るコンパクトさでAEブラケティングの設定が充実していること です。

この機能を重視する方はホントに少ないと思います。

ですが、HDR写真を撮る人にとって、AEブラケティングの設定はとても重要です。
XF10は、コンデジとしては驚異的な設定が可能です。

ここでは、XF10で撮影した沖縄の写真をPhotomatix Proを使ってHDR合成。
Adobe Lightroomで微調整して仕上げました。

HDR合成をしてみたい人には、すっごくおすすめなカメラです。

目次

FUJIFILM XF10のAEブラケティング設定が凄すぎ!

XF10は入門機のコンデジですが、非常にマニアックな設定があります。

それが、AEブラケティング設定 です。
AEブラケティング設定とは、明るさ(露出)を変えながら写真を複数枚撮る機能です。

FUJIFILM XF10 レビュー 気軽に富士フィルムの高画質が楽しめる軽量コンデジ! の記事でも紹介しましたが、

XF10のAEブラケティング設定は、

  • コマ数:最大9コマ(3、5、7、9コマの選択可能)
  • ステップ数:最大±3EV(1/3ステップ刻み)

コンデジとしてはもちろん、一眼レフと比べても驚異的な設定が可能です。

XF10のAEブラケティング設定

例えば、FUJIFILMの初代X100のAEブラケティング設定は、±1EVで3ショットでした。
このくらいの設定幅が普通です。

XF10は、最大±3EVで9ショットという無駄に広いステップ幅が設定できます。
ボクのようなHDR合成写真を作る人間にとっては、神がかった設定なのです。

この機能だけで購入を決定したと言ってもいいくらいです。

HDR写真って何?AEブラケティングの設定幅を力説する意味がわからない!という方は、HDR写真のまとめ記事を参考にしてください。

関連記事 ▶︎ HDR写真の作り方 撮影・合成・編集を完全攻略!

 

撮影時のXF10 AEブラケティング設定

XF10では±3EVステップで9カット撮影可能です。
ここまで設定幅が広いと、12EV付近では白とびが発生し、12EV付近では黒つぶれがおきます。
要は、階調のない真っ白や真っ黒な写真になってしまうわけです。

yama
試しに、±3EVで9カットで撮影しましたが、±12EV付近は真っ白・真っ黒な写真で使い物にならなかったですね。

fujifilm xf10 アエブラケティング設定

今回は日中の沖縄で撮影したこともあり、±2EVで5カット撮影したデータを元にHDR合成 しました。

 

【 Photomatix Pro 】XF10のHDR作例

XF10 HDR合成 Phtomatixpro

沖縄国際通りの「ゆいレール」牧志駅前にあった巨大なシーサーです。
観光地で見かけた巨大なオブジェって写真に撮っちゃいますよね。

Photomaix Proの設定を大きく変えず、素直に合成してみました。
ノイズも少なく綺麗に合成できていますね。

 

 fujifilm XF10 HDR  木の影

ガジュマルの木陰で撮影しました。
幹が絡まっているため明暗差がとても激しいのですが、HDR合成で木の影の部分と、背景の青空を写すことができました。

 

fujifil XF10 HDR 沖縄空港

沖縄空港の待ち時間で撮影。
雲のモクモク感がHDRしている感じですね。
日差しが非常に強かったので、ハイライト側が飛ばないように撮影しました。

±2EVで5カット撮れば、動体のズレが必ず出ます。
この写真で言えば、下側のカート、右端のバス、左端の車ですね。
これらのズレはPhotomatix Pro 上でズレを修正しながら合成します。

 

fujifilm XF10 HDR合成

最後に自分の好みで HDR合成しました。

動体の合成をしないHDR写真です。
撮影はほんの数秒ですが、人の流れが出ていますでしょうか。

HDR合成も色々な作り方があって楽しいですよ。

最後に、今回のまとめ

カメラを選ぶ理由は人それぞれですが、自分にあったカメラを選ぶのが一番楽しめますよね。

ボクはスナップしながらHDR合成用の写真を撮るためにFUJIFILM  XF10を選びました。
ポケットに入るほどコンパクトなカメラで、AEブラケティングが超細かく設定できたからです。
それだけで個人的には十分です。

旅行のスナップ用としてもXF10は優秀です。
コンパクトなカメラは荷物になりませんし、写りは富士フイルムの高画質です。
光学ズームはありませんが、デジタルテレコンバーターという機能を使うと、28mm→35mm→50mm 相当の画角で撮影することもできます。

気楽な旅カメラとしおすすめですよ。

それでは、今回はこのへんで。

あわせて読みたい

[kanren2 postid="7710"]

[kanren2 postid="7834"]

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
TOPへ
目次
閉じる