PhotoshopとLightroomで使える画像加工プラグイン Google Nik Collectionが無料!

PhotoshopやLightroomを普段使っている方でも使う機能って限られていませんか?
例えば写真の明るさを調整するだけとか、シャープをかけるだけとか、、。

Photoshopを使うくらいですから、写真を綺麗に仕上げたいという思いも強いはずです。
でも、作品風に仕上げるにはどうすればいいの?って方も多いのでは?
そこで、ボクがPhotoshopのプラグインとして長年愛用しているNik Collectionを紹介します。
このプラグインは基本的な写真調整機能に加え、作品として仕上げるエフェクトが豊富に用意されています。

しかも、無料です!
無料にありがちな機能の制限もなしです!
加工した後に提供元の透かしとかも入りません!

メチャクチャおすすめの無料プラグインなので、是非導入してください!

Google Nik Collectionって何?

今回紹介するNik Collectionは、Googleから提供されている写真加工のプラグイン。
プラグインなので単体では動作しませんが、PhotoshopやLightroomに導入することで、画像加工のバリエーションが一気に広がります。

yama
ボクの写真のネタばらしみたいなものです(汗)

ボクがこのソフトを使いはじめたのは、2009年頃。Photoshop CS3のプラグインとして購入しました。

そうなんです。これ当時は有料ソフトでした。

後でソフトの内容は説明しますが、全部のプラグインが入ったCollectionが70,000円ほどしました。
有料だけあって操作性も快適、創り出すイメージもバリエーション豊富で素人が撮った写真を作品に仕上げてくれる素晴らしいツールなのです。

それが、元の販売元をGoogleさんが買収されまして、無料で利用できるようになったわけです。

 normal001normal002

例えば上の2枚の写真、上が元の写真で下がNik Collectionを使って加工したものです。
木の緑が黄色に変わっていますね。この程度の加工なら2秒くらいでできますよ。
Photoshopでマスクを作ってとか考えるとね、、驚異的な精度です。

Nik Collectionの主な機能を紹介

無料プラグインですが、できることはメチャクチャ多いです。むしろできないことって何?ってくらい。
それでは、充実の機能を紹介しましょう

  • Viveza
  • Dfine
  • Color Efex Pro
  • Silver Efex Pro
  • Analog Efex Pro
  • HDR Efex Pro
  • Sharpener Pro

上位4つはボクが特によく使う機能です。
一般的な写真の補正にも使える機能は「Viveza」「Dfine」です。
Color Efex Pro、Silver Efex Pro、Analog Efex Proは、写真加工効果をかけるフィルター。
HDR Efex ProはHDRイメージが作成できます。
Sharpener Proは仕上げに使い、シャープネスを調整します。

Viveza

明るさ、コントラスト、彩度といった写真全体を調整します。
基本的な調整ができるため使用頻度の高いフィルターです。

Dfine

写真のノイズ(写真のザラザラした感じ)を低減させるフィルター。高感度で撮影した写真や、夜景の写真などで使います。
基本は自動でノイズを測定してくれます。もちろん任意の箇所を指定してノイズを除去することもできます。
上記のVivezaと同様に使い勝手の良いフィルター。

Color Efex Pro

sakurei1116_001

Color Efex Pro クロスプロセス使用

sakurei1116_003

Color Efex Pro トータルコントラスト使用

sakurei003

Color Efex Pro ブリーチバイパス使用

色調補正、レタッチのフィルタセットです。一番強力なのがクリエイティブな写真加工を55種類のフィルタセットから選べること。
フィルタの効果も微調整できるので、自分のイメージと効果を確認しながらプロっぽい写真加工ができます。

Color Efex Pro おすすめフィルター

  • クロスプロセス
  • トータルコントラスト
  • ブリーチバイパス

上記のフィルターは効果がわかりやすいのでおすすめです。ボクもよく使います。

Silver Efex Pro

sakurei1116_002

Silver Efex Pro使用

個人的に一番好きなフィルターです。かっこいいモノクロ写真を仕上げたい時はこれ。
モノクロ写真といってもただの白黒写真ではなく、「トーニング」という機能を使うことで青みを加えたり、他の色味を加えることもできます。
敢えてノイズを加えた荒れた雰囲気の写真を創ることもできます。

HDR Efex Pro

ボクが有料で購入した時にこれはなかったですね。
無料版になって機能も増えているとは、本当に素晴らしいです。
ボクが普段HDRイメージを創るPhotomatix Proは複数枚の写真を合成しますが、こちらのHDR Efex Proは1枚の写真からHDRイメージを作成します。手軽にHDRイメージを創るには最適です。

Color Efex Proにある「トータルコントラスト」も似た効果が得られますが、HDR Efex Proの方がよりHDRらしい仕上がりになります。

Analog Efex Pro

これもボクが購入したバージョンには入っていなかった機能です。当時は70000円もしたのになぁ、、(泣)
クラシックカメラ風の効果をかけます。基本の効果は10種類、さらに細かい設定が可能です。
ボクもほんの少し使っただけですが、フジフイルムのクラシッククローム風の効果を創れそうだなと、密かに期待しているエフェクトです。
フジフイルムのクラシッククロームって最高ですよね。

Sharpener Pro

これまで紹介した機能は写真を加工するエフェクトたち。Sharpener Proは最後の仕上げに使います。
写真のシャープネスを調整しますが、面白いのは「出力先」を選べるところ。
最終的にモニタで閲覧するのか、インクジェットプリンタで出力するのか、印刷機で網点印刷するのかを選ぶことができます。
写真全体のシャープネスの強弱はもちろん、部分的な強弱をつけることもできます。

Nik Collectionをインストール

前提として、PhotoshopかLightroomがインストールされていることが条件です。
動作環境は以下の通り。

Mac:
    •    Mac® OS X 10.7.5~10.10
    •    Adobe Photoshop CS4(HDR Efex Pro 2 では CS5)~CC 2015
    •    Adobe Photoshop Elements 9~13(Photoshop Elements と互換性のない HDR Efex Pro 2 を除く)
    •    Adobe Photoshop Lightroom 3~6 / CC
    •    Apple® Aperture® 3.1 以降

Windows:
    •    Windows Vista®、Windows 7、Windows 8
    •    Adobe Photoshop CS4~CC 2015
    •    Adobe Photoshop Elements 9~13(Photoshop Elements と互換性のない HDR Efex Pro 2 を除く)
    •    Adobe Photoshop Lightroom 3~6 / CC

Google Nik Collectionのサイトからダウンロードします。

Google Nik Collection

nikcollection_000ダウンロードタブをクリックすると「Mac」「Windows」を選択できますから、使用OSに合わせて選びましょう。
OSを選ぶとすぐにダウンロードが開始されます。とても簡単です。

ダウンロードが完了したら、nikcollection-full-1.2.11.dmg というファイルをダブルクリックして、インストーラーを立ち上げます。

nikcollection_002 nikcollection_003

インストーラーが立ち上がったら、メッセージに沿ってインストールを進めればOKです。
インターネットでダウンロードするフリーソフトって日本語化されていないものもありますが、その点も心配ありません。特につまずくこともなくインストールできるはずです。

最後に、今回のまとめ

  • Nik CollectionはPhotoshopでLightroom使えるプラグイン
  • Googleから提供されているフリーソフト
  • フリーソフトになりがちな機能制限、ロゴの透かしなどは入らない
  • 写真を綺麗に調整する機能、作品として仕上げる機能が豊富
  • PhotoshopとLightroomのインストールは必須

Nik Collection本当におすすめなんで使ってみてください。
これが無料って、、Googleさん凄すぎ(汗)

次回は、Nik Collectionを使った写真調整のワークフローを紹介します。

それでは、今回はこのへんで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です