SIGMA dp2 quattroの解像感でブツ撮りしたい! 純正フラッシュEF-630が超快適!

dp2 QuattroとフラッシュEF-630

こんにちは、yamaです。

この記事では、SIGMA dp quattro シリーズで使えるアクセサリーを紹介 します。

  • 専用ビューファインダー LVF-01
  • dp Quattroシリーズで使えるフラッシュ EF-630

この2つアクセサリーを購入して、スナップやブツ撮りに使ってみました。

手持ちのカメラの中で最も解像感のあるカメラがdp2 quattro。
解像感を活かして商品撮影に使いたいと思っていました。
大げさな照明機材を買うつもりはなかったので、dp2 quattroで使える外部フラッシュを探していました。

そこで見つけたのが、SIGMA純正フラッシュ EF-630 です。

dp Quattroシリーズ で使えるフラッシュ EF-630

dp Quattroシリーズに外部フラッシュを付ける場合、専用小型フラッシュ EF-140S SA-STTL を使うのが一般的です。

dp2 Quattroのマニュアルに「専用フラッシュ」と書かれているだけあって、コンパクトで見た目も合っています。
ですが、フラッシュの角度を変えるバウンス撮影に対応していません。

yama
どうせ使うならバウンス撮影できるタイプが欲しい、、

と思っていたので、EF-140Sは購入せずにいました。

超絶ニッチなカメラである dp2 Quattroには社外品の外部フラッシュがありません。
バウンス可能なフラッシュはほぼ諦めていましたが、SIGMA純正のフラッシュの製品ページで見つけました。

dp Quattroシリーズに対応した、SIGMA純正の大光量フラッシュ EF-630です。
EF-630は、ニコン、キヤノン、シグマ用が販売されています。

シグマの製品ページでも一応は紹介されています。

 

SIGMA EF630対応カメラ

上記のページはdp2 Quattroの製品ページからはたどり着けません。
公式製品ページの「アクセサリー」→「フラッシュ」→「EF-630」→「シグマ用、ニコン用、キヤノン用対応表」を辿ってわかる内容です。

yama
そこまでして探す人いないのかもしれないけどね、、

それでも、dp Quattro シリーズの対応アクセサリーのページには載せて欲しかったなぁ、、。

というわけで、購入した SIGMA純正のフラッシュ EF-630がこちらです。
↓↓↓↓↓↓

dp2 QuattroとフラッシュEF-630
yama
メチャでかいです。(汗)

ちょっと異質というか異様ですよね。
でも、フラッシュ自体の使い勝手はすごく良いです。

 

EF-630の良いところ

EF-630は商品撮影をする時に使っています。
ボクの場合、商品の形状に写真を切り抜くことがほとんどなので、キッチリカッチリ撮れる方が良いのです。
後は、手持ちのカメラを活かしたかったというのが理由です。

撮影時は、dp2 Quattroを三脚に固定して使用しています。

EF-630の良いところ
  • 大光量のガイドナンバー63
  • 上方向90度、左右方向180度のバウンス可能
  • 使いきれないほどの高性能
  • 高級感のある外観

ガイドナンバー63の大光量でバウンス撮影もできるので、これだけでも満足です。
自動調光機能があるので、フラッシュに詳しくない方でもカメラに取付ければすぐ使えます。
マニュアルで光量の切り替えも可能なので、撮影時の状況に合わせて設定を変えることも可能です。

先ほどからガイドナンバーという用語が出ていますが、ざっくり言えば「フラッシュのパワー」です。
フラッシュについて詳しく紹介するとものすごく長くなので、別の記事で紹介しますね。

yama
使いきれないほど高機能なので、じっくり使いたいですね

 

dp2 QuattroとフラッシュEF-630

質感も高く所有する満足度の高いフラッシュです。

 

EF-630の気になるところ

EF-630は、高性能で見た目もカッコいいです。
性能は全く問題なく満足しています。

LVF-01の気になるところ
  • 大きい、重い
  • 本気すぎる外観

要は、高性能で高機能なので大きくて重い です。
見た目もしっかりしているが故に、本気度がバンバンに伝わってきます。

dp2 QuattroとフラッシュEF-630

dp2 QuattroにフラッシュEF-630、ファインダーLVF-01を付けると、一眼レフ以上の存在感です。
「自分だけで籠って撮る環境」の時にフル装備状態にしますが、人前でフル装備 dp2 Quattro は威圧感がありすぎると思います。

ファインダーLVF-01については、一眼レフ超えの存在感!SIGMA dp2 quattro ファインダーLVF-01でスナップ&ポートレート! の記事で詳しく紹介しています。

 

dp2 quattroとEF-630でブツ撮り

dp2 QuattroとフラッシュEF-630の作例

白バックにGX7mk2を置いて撮影してみました。
テストのつもりで被写体の位置とか考えずに撮っていますが、これだけで「綺麗に撮れそう」って気がしてきましたね。

商品撮影の作例

切り抜き目的の撮影であれば、難しく考えなくても綺麗に撮れると感じました。
これ以上のクオリティが必要な時はカメラマンさんに頼めばいいかなって感じですね。

dp2 QuattroとフラッシュEF-630の作例 dp2 QuattroとフラッシュEF-630の作例

dp2 Quattroの特徴は解像度の高さです。
商品と背景の境目までキッチリ解像するので切抜き用の写真撮影にはとても良いですね。
動作の遅さを指摘されることが多いカメラですが、三脚に固定してじっくり取組む商品撮影では、動作の遅さは気になりません。

dp2 Quattroとブツ撮りはありだと思います。

 

最後に、今回のまとめ

SIGMA dp Quattroシリーズで使える外部フラッシュEF-630を紹介しました。

  • ガイドナンバー63の大光量
  • バウンス撮影可能
  • マニュアル調節も可能

高性能で光量も十分なので満足しています。
SIGMA純正なので動作も安定していますし。

フラッシュとしては大きいので気軽に持ち歩くとは行きませんが、じっくり撮影する時には頼りになるフラッシュです。

それでは、今回はこのへんで。

dp2 QuattroとフラッシュEF-630




デザインのコツがわかるメルマガ配信中!

メルマガ読者登録

デザインの基礎から、実際の案件をベースにしたデザインワークを行う無料デザイン講座です!!

【ブロガー・個人向け】 デザインの悩み解決します!

ブロガー・個人向けデザイン制作サービス

ロゴマークや名刺など、デザインでお悩みの方 !

自分で作る時間がない!」
「作りたいけど上手くまとまらない!」

そんなデザインに関する悩みを解決します。
料金設定も個人向けに設定しています。

お問い合わせフォームまたは、下記のページからご相談ください!

ひとり広報 Line@

デザインのコツに関する質問・疑問。デジカメの購入相談など。気軽に使ってください!

↓ コチラをポチッと

Line@友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA