縦書き名刺はシンプルデザインで作るのがコツ! 【縦型・縦文字 名刺サンプル】

縦型・縦書き名刺レイアウトサンプル

こんにちは、yamaです。

この記事では、縦型・縦文字の名刺サンプルとデザインのコツ を紹介します。

横書きの名刺が主流なため、縦書きの名刺を作る機会は少ないですよね?
普段の名刺を縦にするだけと思うかもしれませんが、実際に作業してみると、縦書き特有の英数字の表記方法など難しい部分もあります。

そこで、デザインサンプルと合わせて、縦書きの英数字の表記方法を解説します。

今回は、全部で6パターンのサンプルを用意しました。
イメージに合うものをデザイン作業に活用してください。

【縦型・縦文字】名刺レイアウトの特徴

縦型縦書き名刺のサンプル

銀行・証券会社・行政・保険会社などの 信頼性・堅実性をアピールしたい業種に向いた名刺パターンです。

縦型・縦文字名刺の特徴
  1. 日本語表記に合うデザイン
  2. 明朝体との相性が良い
  3. 伝統的な名刺デザイン
  4. TEL、FAX、URL、E-mailの表記
  5. シンプルな名刺デザイン向け

縦書きの名刺デザインは、日本語表記の親和性が抜群。明朝体のフォントも積極的に使えます。
伝統的な日本の名刺デザインですから、日本語の読みやすさに気を配りたいですね。

注意したいのは TEL、FAX、URL、E-mailなどの英数表示。
和風デザインの名刺を作ろう!縦書き名刺レイアウトサンプル【横型・縦文字】 の記事でも紹介していますが、縦書きで英数を表示する時は文字を回転させなければいけません。

縦書きの名刺でTEL・FAXなどを表示する場合、漢数字で表示するのも一つの方法 です。

縦書きの漢数字表記
yama
漢数字で表示するとさらに「硬い」「キッチリ」したイメージになりますね。

この名刺パターンを使う時は、キッチリ・カッチリとしたイメージで作りたい時です。
装飾の少ないシンプルな名刺デザインが作りやすいと思います。

 

【縦型・縦文字】名刺デザインのサンプル

今回の名刺サンプルは、「ひとり生命」という保険会社をテーマに作りました。

縦型・縦書き名刺のデザインサンプル集

サンプル上、バツ印がついているパターンは 使い勝手が悪く個人的にはおすすめできないもの です。

作成した名刺サンプルは、名刺の作り方がわかるワークフロー紹介!名刺デザインの参考レイアウトも大公開! で紹介したパターンとバリエーションがベース になっています。
先に以下の記事を読んでいただくと、以降の内容がわかりやすいと思います。

名刺の作り方がわかるワークフロー紹介!名刺デザインの参考レイアウトも大公開!

2018.06.18

 

名刺サンプルのロゴはシンボルマークだけを掲載しています。
本来のロゴマークは、シンボルとロゴタイプの組み合わせになるので、以下のような形になります。

シンボルマークとロゴタイプの解説

ですが、縦型・縦文字の名刺デザインでは横に長いロゴマークは非常に使い勝手が悪いです。
そのためシンボルマークだけを載せることが多くなります。

yama
みなさんも縦型・縦書きの名刺をもらったことがあると思います。ほとんどのロゴがシンボルマークだけを掲載しているはずです。

では、一つずつサンプルを紹介していきましょう。

 

① ロゴ左・上の名刺サンプル

縦書き名刺 ロゴ左上のサンプル

文字位置:「肩書き・氏名」と「会社情報」を上下に並べる
文字設定:会社情報の行送りを広げてバランスを取る
デザイン:氏名と会社情報に縦の罫線

シンプルなデザインにアクセントを付けたい時に「罫線」を入れるのは有効 です。

yama
文字を追いかける目線の誘導にも役立っていますね。

② ロゴ左・下の名刺サンプル

縦書き名刺 ロゴ左下のサンプル

文字位置:「肩書き・氏名」と「会社情報」を上下に並べる
文字設定:会社情報の行送りを広げてバランスを取る。
デザイン:氏名のフォントを太くし、紙面のセンターに配置

シンプルなレイアウトですがバランスよく配置できました。
文字のカラーを変えてもよさそうですね。

③ ロゴ右・上の名刺サンプル

縦書き名刺 ロゴ右上のサンプル

文字位置:会社情報の位置を下げる
文字設定:書体を明朝体に変更
デザイン:社名をシンボルマークの下へ配置

伝統的なパターンを再現したレイアウトです。
このデザインだと「社名」→「氏名」→「会社情報情報」と迷いなく読めますね。

④ ロゴセンター・上の名刺サンプル

縦書き名刺 ロゴ上センターのサンプル

文字位置:「氏名」と「会社情報」を横並び
デザイン:社名の開始位置を頭下げ

ロゴマークがセンターにきて、文字情報に余白を多くとりました。

yama
個人的にはシンプルな④のパターンが好きですね

縦型・縦文字の名刺はデザイン的な装飾を加えるより、シンプルに仕上げるのが「らしく見せる」コツです。

  • 文字の位置
  • フォント
  • 並び

これらの変更程度に留めた方が良いでしょう。

 

縦書きの名刺の用紙を変えてみる

過去記事では、名刺デザインの仕上げに背景を組み合わせたサンプルを紹介してきました。
今回のような縦書きの名刺では背景をつけるより、名刺の用紙を変えてみてはどうでしょう。

yama
デザインすると言うことは、単にデータを作るだけではないですよ。
用紙も含めてトータルで考えられるようになりましょう。

用紙に関しては詳しく別記事で紹介しますが、今回は縦型名刺に合う用紙を紹介します。

用紙による写真の見え方の違い

例えば上の写真、同じ写真ですが見え方が違いますよね?

これは用紙が違うためです。
左は上質紙、右はコート紙 と言われるものです。

大まかに言うと、

  • 上質紙は、若干沈んだ仕上がりで落ち着いた発色
  • コート紙は、発色よく派手な仕上がり

となります。

今回の作例のような落ち着いた名刺の場合は、上質紙の方がイメージに合うでしょう。

yama
上質紙でなければダメってことはないですよ!落ち着いたイメージのある用紙がオススメってことです。

 

最後に、今回のまとめ

縦型・縦文字の名刺デザインと文字表記を中心に紹介しました。

縦型名刺はどうしても硬いイメージになるので、使い勝手の良いデザインとは言えません。
逆に、カッチリした名刺デザインにしたい場合はこのパターンがベストです。

そして、デザイン要素をガンガン加えるのではなく、できる限りシンプルに仕上げるのがコツです。

  • 文字の位置
  • フォント
  • 並び
  • 印刷する用紙

これらを意識して作りましょう。

それでは、今回はこのへんで。

名刺の基本パターンとバリエーションがわからない方は、こちらの記事を参考にしてください。

縦型・縦書き名刺レイアウトサンプル




【ブロガー・個人向け】 デザインの悩み解決します!

グラフィックデザイン作成サービス

ブロガー、個人で活動している方向けのデザイン作成サービスです。

ロゴマークや名刺など、デザインでお悩みの方 !

自分で作る時間がない!」
「自分で作りたいけどまとまらない!」
「何をどうしていいのかわからない!!」

そんなデザインに関する悩みを解決します。
個人で仕事を依頼するって何だか難しく感じますが、メール等で打ち合わせしながらデザインを進めています。
料金設定も個人向けにわかりやすく設定しています。

お問い合わせフォームまたは、下記のページからご相談ください!
お待ちしております!

何でも聞いちゃってください!
ひとり広報 Line@

デザインのコツに関する質問・疑問
デジカメの購入相談など。
気軽に使ってください!

↓ コチラをポチッと

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA