名刺ってどんな大きさ?規格サイズはあるの?名刺サイズの基礎知識

名刺サイズに決まりはあるの?

こんにちは、yamaです。

この記事では、名刺の規格サイズ を紹介します。

名刺を作る時に最初に調べたり設定するのが名刺サイズですよね。

Illustratorなどのグラフィックソフトの場合はサイズ設定などは比較的簡単にできますが、オフィス系のソフトでは苦労することも多いと思います。
特にExcelで名刺を作る方は、名刺サイズが何ピクセルか?と悩む方もいると思います。

ここでは、名刺の規格サイズ7種類と、Excelなどで作成する方向けにピクセル単位での名刺サイズ を紹介します。

名刺の規格サイズ

規格サイズと言ってもJIS規格のようなものではなく、一般的に使われているものを規格化しています。

名刺サイズは91mm×55mmが基本
自分で名刺データを作る時は、印刷会社さんや自分のプリンタなど 最終出力する環境に合う名刺サイズを必ず確認しましょう。

名刺サイズの91mm×55mmが多い理由は諸説ありますが、91mmは昔の尺寸の測り方で3寸にあたります。それに対してバランスのよいサイズが55mmということで、91mm×55mmが一般的になったと言われています。

名刺サイズは91mm×55mm以外にどんなものがあるの?

91mm×55mmが一般的ですが、定型の名刺サイズはこれ以外にもあります。
こんな感じです。
↓↓↓↓↓↓

定型名刺サイズの目安
yama
これだけあるとデザインの幅も広がりそう!

また、規格よりも大きい(または小さい)サイズで作っても問題ありません。
法的に「サイズはこれ!」「このサイズ意外は認めない!」というルールではないので、超巨大な名刺を作ってもOKです。 

ですが、規格外の名刺はオススメしません。

基本は規格サイズで作りましょう

変形サイズの名刺をもらった時にどんな風に思うでしょう?

yama
名刺ホルダーに入りませんが、、

ということになりかねません。

Eightなどのアプリで名刺管理している方も多いと思いますが、名刺はあくまでビジネスツール。
規格外の大きさの名刺でインパクトを与えたいと思うかもしれませんが、整理できない名刺は捨てられてしまう可能性大です。

また、市販の名刺用紙・名刺フォルダ・名刺入れなども規格サイズに沿って設計されています。
規格外の名刺はもらった人も困惑しますが本人の管理も面倒になるので、避けた方がいいでしょう。

変形サイズは印刷コストもかかるので、基本は91mm×55mmで考えましょう。

 

名刺サイズをピクセルでを知りたい方へ

一般的な4号サイズの名刺の寸法は91mm×55mm。
Illustratorなどで名刺データを作成する方は、この数値がわかれば作業に入れるでしょう。

ですが、Photoshopやペインターなどで名刺を作る方
Excelでデータを作成してプリンタで出力したい方もいるでしょう。

PhotoshopやExcelで作る場合、「名刺サイズは何ピクセルなのか?」を知りたいですよね。

ピクセルって?

ざっくりいえば、デジタルデータの最小の点。
デジタルの写真データはピクセルの集合で構成されています。ピクセル(点)がたくさん集まれば大きな画像となりますが、その分ファイルサイズも大きくなります。

実は、ピクセルで寸法を知るって難しいことなんです。

 

ピクセルと解像度の関係

ネットでピクセル単位の名刺サイズを調べると色々なサイズが出てくると思います。

  • 1254×758ピクセル
  • 345×209ピクセル

といった具合です。
このように複数の数字が出てくるのは「解像度(dpi)」という概念があるためです。

解像度(dpi)って?

解像度とは、1インチあたりのピクセルの密度で単位はdpi。
dpiは dots per inch の略で、1インチ(約2.5cm)にどれだけピクセルの集合があるかを表しています。

解像度が高い、低い
といった言い方をします。

一般的に、印刷物の解像度は350dpi。高い解像度が必要になります。
ホームページやブログ写真の場合は、72dpi(または96dpi)と解像度が低い、などと言うわけです。

 

ピクセルで作成したデータを印刷会社で印刷したい場合

印刷会社で印刷する場合、解像度は350dpiが必要です。
350dpiで名刺サイズの91mm×55mmをピクセル表示すると、1254×758ピクセル が必要なサイズになります。

エクセルで作成してプリンタで出力する場合

エクセルで名刺作成する方は、使用しているPCがWindowsで所有しているプリンタで出力したいという方 だと思います。
OSがWindowsの場合、解像度は96dpiですから、名刺サイズの91mm×55mmをピクセル表示すると、345×209ピクセルが必要 になります。

yama
エクセルで作業する場合、セルサイズを345×209ピクセルに設定し、セルの中に名刺情報を入れていくようになります。

このように、ピクセルをcmやmmに変換する時は解像度によってサイズが変わります。
計算も複雑なので、ピクセル単位で印刷物を作るのはおすすめしません。

印刷物はmm単位のズレで仕上がりが変わってしまいます。
正確に作るために、単位は「mm」に設定して作成することをオススメします。

 

最後に、今回のまとめ

名刺を作る時、印刷する時の基礎知識として 名刺サイズについて紹介しました。

  • 名刺には目安となる規定サイズがある
  • 名刺サイズは91mm×55mmが一般的
  • 規格外のサイズで作っても問題はない
  • でも、規格外はいろいろ面倒
  • ピクセルで作成することも可能だけどオススメしません

データの修正や微調整する時、ピクセルをcmに変換して、、とか面倒ですよね。
印刷物の単位がmmまたはcmなので、ピクセル単位で作成するのはできるだけ避けた方がよいと思います。

それでは、今回はこのへんで。

初心者さん向けの名刺デザインのコツとレイアウトのパターンを用意しました。
デザイン作業の効率化に役立ててください。

名刺サイズに決まりはあるの?




【ブロガー・個人向け】 デザインの悩み解決します!

グラフィックデザイン作成サービス

ブロガー、個人で活動している方向けのデザイン作成サービスです。

ロゴマークや名刺など、デザインでお悩みの方 !

自分で作る時間がない!」
「自分で作りたいけどまとまらない!」
「何をどうしていいのかわからない!!」

そんなデザインに関する悩みを解決します。
個人で仕事を依頼するって何だか難しく感じますが、メール等で打ち合わせしながらデザインを進めています。
料金設定も個人向けにわかりやすく設定しています。

お問い合わせフォームまたは、下記のページからご相談ください!
お待ちしております!

何でも聞いちゃってください!
ひとり広報 Line@

デザインのコツに関する質問・疑問
デジカメの購入相談など。
気軽に使ってください!

↓ コチラをポチッと

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA