デザインのコツがわかる無料メルマガはこちら!

SDカードのマークや記号の意味は?規格・容量・種類の違いはここをチェック!

yama

こんにちは!
静岡県沼津市在住、ブロガー&デザイナーのyama(@ひとり広報)です。

デジカメで撮影したデータを保存するSDメモリーカード。
みなさんはどんなものを使っていますか?

とりあえず容量多めで!

という人はボクだけでしょうか?(汗)
ボクはメモリーカードに頓着がなくて、かなり適当に使っていました。

ですが、SDカードは容量や規格が様々です。
使うカメラとの互換性をチェックしないと、せっかく高いメモリーカードを買っても意味のないことだってありえます。

メモリーカードの表記内容について調べてみました。

SDカードに書いてあるマークや記号は何?

SDカードをよく見ると色々なマークや数字が書かれています。
既にSDカードをお持ち方は、ご自身のカードと見比べながら読んでみてください。

① SDカードの種類

SDメモリーカードとひとまとめで言いますが、容量によって3種類に分かれます。

  • SDカード…2GBまで
  • SDHCカード…4GBから32GBまで
  • SDXCカード…2TBまで

② SDカードの容量

メモリーカードのスペックの目安の一つです。ここはみなさんもチェックしますよね。

yama

基本、ここしか見ていませんでした(汗)

容量の目安は?

仮にデジカメの画素数が1800万画素だとすると、画像1枚のファイルサイズは約6MB。
4GBのSDカードに入る枚数は600枚程度です。
フルHDで動画を撮った場合、4GBで30分が目安です。

ボクの手元にあるSDカードは2GB〜16GBまでです。
基本は4GB・8GBのカードを使っています。
動画も撮影しますが、長くても数分の動画のためSDカードの容量で不満は特にないですね。

③スピードクラス(最低保証転送速度)

スピードクラスとは、撮影した写真や動画の最低保証転送速度のこと。
C、U、Vのアルファベットと数字を組み合わせたマークで表記されています。
数字が大きい方が転送速度が速いことを表しています。

  • C → SDスピードクラス(Class)
  • U → UHSスピードクラス
  • V → ビデオスピードクラス

これまでは、Class4、Class10といった「Cと数字の組合せ」の表示が一般的でした。
デジタルカメラが高画素化し、動画撮影も一般的になり、より高速なUHSスピードクラスやビデオスピードクラスに対応したSDカードが増えてきました。

今は動画を撮ることも多いので、スピードクラスはチェックしておきたいですね。

SDスピードクラス(Class)

写真撮影が中心で、連写機能を使わない方(連続処理を使用しない方)は、Classをチェックすると良いでしょう。

Cの中に入っている数字が大きいほど高速です。数字は2/4/6/10があり、例えば2の場合は2MB/秒以上という意味です。最大10で10MB/秒
フルHDでの動画撮影もする方はClass10がオススメです。

  • 写真撮影中心の方はClassをチェック
  • 「C」の中の数字が大きいほど高速処理が可能。最大で10。
  • フルHD動画撮影する場合は、Class10がおすすめ

UHSスピードクラス

当初、SDカードのスピードクラスの設定は上記のClassのみでしたが、高画質化により高速な転送速度が求められました。そこでできたのがUHSインターフェースです。
UHSインターフェースにもスピードクラスが設定されました。それがUHSスピードクラスです。

UHSスピードクラスは、アルファベットの「U」と「数字」で表記され、数字は1と3があります。クラス1の場合は、UHS対応機器で読み書き時の最低転送速度が10MB/秒という意味です。3の場合は30MB/秒です。

高速なUHSスピードクラスですが、UHS規格に対応した機器でないと使用できないので注意が必要です。UHS非対応の場合、並記されているスピードクラスが適用されます。

  • 「U」の中の数字が大きいほど高速。最大で3。
  • UHSスピードクラスは、UHS対応機器でないと使用できない。

ビデオスピードクラス

動画撮影をする方には重要な規格です。
スピードクラスやUHスピードクラスと同様に、最低保証転送速度を表しています。

アルファベットのVと数字で表記されます。数字は6/10/30/60/90があります。
数字が大きいほど高速で、V90は1秒で90MBはデータ転送できるという意味になります。

4K動画を撮影する方は、V30以上がおすすめです。
また、高解像度の8K動画を撮影する場合、V60、V90のビデオスピードクラスが必要になります。

④ UHS-IのSDカードの規格

UHSインターフェースは「UHS-Ⅰ」と「UHS-Ⅱ」の2種類あります。
理論上、UHS-Ⅰの最大転送速度は104MB/秒、UHS-Ⅱは312MB/秒となっています。
SDカードには「Ⅰ」または「Ⅱ」の表記がされています。

スピードクラスが複数表記されている上、UHS-Ⅰの表記もあるために意味がゴチャゴチャになりますが、もう一度整理しましょう。

  • スピードクラスは、最低保証転送速度の意味
  • UHSスピードクラスは、カードとカメラの両方が対応している場合に利用できる
  • UHS-Ⅰ規格はより高速化のための規格

とボクはザックリと理解しましたw違っていたらご指摘いただけると嬉しいです。

⑤ 最大転送速度

READ90・WRITE45MB/sと表記されていますね。
読込みが毎秒90MB、書込みが毎秒45MBと言う意味です。数字が大きいほど高速です。

この転送速度は、最大転送速度を表しています。
先程のClassは、最低転送速度ですね。
混乱しますね〜w

READ
読取りの最大転送速度。
数字が大きいほど、カメラ内のプレビューの表示やパソコンへの転送速度が速くなります。

WRITE
カメラへの書込み最大転送速度。連続撮影時にこの数字が大きいほど快適に撮影できます。

READ・WRITEの表記はなく、数字のみ表記しているSDカードもあるようです。

容量充分・高速快適・価格もお手頃!おすすめSDカード

高速性を求める場合は、UHS規格に対応したSDカードでしょう。
ただし、ご自身の機種が対応しているかはチェックしてくださいね。

ボクが使っているのはこちら、4K動画もこれで撮れます。
容量も16GBもあれば自分には充分かなって思います。

最後に、今回のまとめ

SDカードの種類・規格・表記されている記号の意味をご紹介しましたが、ご自身のカードと比べてどうでしょうか?

yama
みんなSDカードって言うのかと思っていた、、

という、ボクにとっては勉強になりました。
前からカードに色々書いてあるけどなんだろな?って思っていたので、スッキリしました。

実際にカメラ店で話を聞きましたが、

  • スピードクラスの目安はClass6〜Class10
  • 容量は8GB/16GB/32GBあたり
  • 転送速度は各社バラツキがあり、価格にも反映されている

これらを目安にして、後はSDカードにどれだけ予算をさけるか?で決めていけばいいかと思います。

それでは、今回はこのへんで。

あわせて読みたいオススメ記事


ひとり広報 Line@

デザインに関する質問・疑問。デジカメの購入相談など。Line@も気軽に使ってください!

ひとり広報が「LINE@」始めたよって話

Line@友だち追加

デザインのコツがわかる!
無料メールマガジン配信中!!

メルマガ登録

デザインの基礎がわかる!
全10回だから気軽にできる!
実際のデザイン案件をベースにした実習あり!

基本的なデザイン理論の学習とデザイン制作が体験できる無料講座です。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA