【PR】Luminar4体験レビュー AI機能がプロレベルの写真編集を実現!

Luminar4体験レビュー

こんにちは、yamaです。

この記事では、RAW現像・写真編集・管理ソフト Luminar 4の体験レビューをまとめます。

RAW現像と言えば、Adobe Lightroom や 市川ソフトラボラトリーのSILKYPIXを使っている方が多いのではないでしょうか。
Luminar 4は、RAW現像ソフトの基本的な機能だけでなく、AIによる写真編集が特徴的なアプリケーション です。

ここでは、Luminar 4のAI機能を使った写真編集を中心に感想をまとめていきます。

今回の記事作成にあたり、Luminar 4をSkylum社様よりご提供いただきました。
また、アプリ購入時に使える約10ドル分の割引コードも紹介していただきました。

Luminar 4ってどんなソフト?

Luminar4公式サイト

Luminar(ルミナー)は、アメリカ Skylum社のWindows・Mac用のRAW現像・写真編集・管理ソフトです。
欧米のカメラマンを中心に人気のソフトですが、ボクは今まで使ったことがありませんでした。

Luminarの機能を大まかに紹介すると、

  • RAW現像ができる
  • 写真編集、加工ができる
  • 写真管理ができる
  • AI技術による写真編集

Lightroom や Photoshop に近い印象を受けますが、特徴的なのは「AI 技術による写真編集」ですね。

今回のレビューも、AI技術による写真編集の体験がメインになりますが、これは本当に凄いです。
どのくらい凄いかと言うと、
この写真が
↓↓↓↓
Luminar4 補正前

一瞬でこうなります
↓↓↓↓
Luminar4 補正後

Luminar 4のAI機能はぜひ試してほしいです。
プロレベルの写真編集がワンクリックで実現できる機能です。

 

Luminar 4の使用環境

Luminar 4は、Windows・Mac用があります。
海外のソフトですが、日本語に翻訳されているので安心して使用できます。

Windowの環境
グラフィックス:Open GL 3.3以降との互換性
プロセッサ:Intel Core i5以降
OS:Windows 7 以降(x64bit OSのみ)
RAM:8 GB以上
ディスクの空き容量:10GBの空き容量

Macの環境
Macモデル:Early 2010以降
Mac OS:10.12以降
RAM:8 GB以上
ディスクの空き容量:10GBの空き容量

引用:Lumina 4 製品サイトより

すでにRAW現像ソフトにLightroomを使用している方もいるでしょう。
Luminar 4はアプリケーション単体だけでなく、Lightroom や Photoshop のプラグインとしても使用可能 です。
Lightroom ユーザーは、Luminar 4のAI機能と組合わせて使うのもありですね。

Luminar 4は有料?

Luminar4は有料のソフトです。
購入はLuminar 4の公式サイトから可能です。

Luminar4の販売形式は2019年11月19日現在、以下のようになっています。
販売形式・価格などは購入時に公式サイトで確認してください。

  • Luminar 4 + インスピレーションLooks
    17,200円 → 10,700円
  • Luminar 4 + インスピレーションLooks + カリフォルニアの夕焼け
    19,850円 → 11,799円
  • Luminar 4 + インスピレーションLooks + カリフォルニアの夕焼け + Aurora HDR
    31,650円 → 20,000円
  • Luminar 4アップグレード + インスピレーションLooks 
    17,200円 → 9,130円

Luminar 4は買い切りタイプのアプリケーションです。
初期投資だけで使用できるのは嬉しいですよね。

インスピレーションLooks とは、Luminar 4で使用できるプリセットが4つ収録されたものです。
カリフォルニアの夕焼けは、25種類の夕焼け空が収録されたものです。
Aurora HDRは、Luminar 4と同じSkylum社が販売しているHDR合成用のアプリケーションです。

個人的には Aurora HDRも試したいですが、はじめてLuminar 4を使用する方は、 Luminar 4 + インスピレーションLooks がよいと思います。

Luminar4には、14日間の体験版も用意されています。
製品版と同様の操作ができるので、体験版を試すのもいいと思います。

Skylum社様より、Luminar4の割引コードを提供していただきました。
Luminar公式サイトから購入される際に約10ドル割引となりますので、購入時にご利用ください。

割引コード → HITORIKOHO

 

Luminar 4の特徴

RAW現像・写真管理ソフトとして使用できますが、最大の特徴はAI技術を駆使した写真編集 でしょう。
その中でもボクが気になったAI機能4つを紹介します。

  1. AI補正
    • AI Accent
    • AIスカイエンハンサー
  2. AIストラクチャ
  3. AIスカイ・リプレースメント
  4. AIスキン・エンハンサー

① AI補正

AI Accentは画像全体を調整、AIスカイエンハンサーは青空の濃さを調整します。
これだけで写真編集はOKと思えるほど強力なツールです。
操作はシンプルで、「AI Accent」と「AIスカイエンハンサー」のスライダーを動かすだけで写真を良い感じに調整してくれます。

yama
メチャクチャ簡単に画像を調整できちゃいます!

② AIストラクチャ

修正や強調が必要な部分をAIが自動で判定し、ディテールを強調する機能
人物、建物、空、雲などの対象物の違いも自動で判別して調整してくれます。

Nik Collectionの「トータルコントラスト」という機能も写真のディテールを強調することができますが、Luminar4 のAIストラクチャはより自然な仕上がりです。

Nik Collectionについては、PhotoshopとLightroomで使える画像加工プラグイン Google Nik Collectionが無料!の記事で紹介しています。

③ AIスカイ・リプレースメント

Luminar 4のAI機能の中でもインパクトが強烈なのが「AIスカイ・リプレースメント」です。
空をワンクリックで置き換える機能です。
くすんだ空を雲が浮かぶ青空に変えたり、極端な例では夕方の空を日中の青空に置き変えることができます。

当ブログの Photoshopの基礎テクニックだけで画像合成! 電線を消して、青空・雲を作り1枚の写真にする方法 の記事で紹介した画像加工のテクニックが1秒で実現できます。

yama
これは凄いわ

④ AIスキン・エンハンサー

AIスキン・エンハンサーは人物の肌をなめらかにする機能です。
肌を滑らかにするということは、写真に微妙なボカシが入るわけです。
その際もAIが肌の部分のみを検出するので、他の部分がぼやけるようなことはありません。

 

これも凄いぞ!ポートレート・エンハンサー

Luminar 4ではポートレート編集に特化したツールが用意されています。
先ほどの、AIスキンエンハンサーもその1つですが、「ポートレート・エンハンサー」はより詳細な編集ができるツールです。

ボクも全ての機能を使っていませんが、こんなことができます。

  • フェイスライト(顔の部分だけを自然に明るくする)
  • スリムフェイス(顔を細くする)
  • 目を大きくする
  • 唇の発色の調整
  • 歯のホワイトニング

これらの機能もスライダーを動かすだけ操作できます。
手動でマスクなどを作る必要はありません、対象物は自動で判別してくれます。

 

Luminar 4のAI機能を使った写真編集

Luminar 4のAI機能を使った写真編集の作例を紹介します。 

AI補正の作例

AIアクセントとAIスカイエンハンサーを使用した作例を紹介します。

LuminarのAI補正_編集前LuminarのAI補正_編集後

AIアクセントだけでも十分な効果があります。
色かぶりが解消され、空の描写にメリハリが出ました。

LuminarのAI補正_編集後LuminarのAI補正_AIスカイエンハンサーを適用

さらに、AIスカイエンハンサーを加えました。
霞んでいた空が濃いくっきりとした青空に変わりました。

風景写真で綺麗な青空が撮れず「何か違うなぁ」と思うこともありますが、AIスカイエンハンサーを使えば、期待していた青空の写真になりそうです。

yama
インスタ映えしそうな編集効果ですね。

AIストラクチャの作例

AIストラクチャ_編集前AIストラクチャ_編集後

輪郭が強調されシャープな印象になります。
Luminar 4のAIストラクチャは画像内の全てのディテールが強調されるわけではなく、適度な具合に効果のエリアが調整されています。

AIストラクチャは、効果を強めすぎると非現実的でCGのような描写になります。
好みもありますが、適時調節した方が良さそうですね。

AIスカイ・リプレースメントの作例

AIスカイ・リプレースメント_編集前AIスカイ・リプレースメント_編集後

元画像は単調な曇り空でしたが、AIスカイ・リプレースメントで真夏の校庭のようになりました。
これがワンクリックで実現できます。マスク処理などは一切していません。

AIスカイ・リプレースメント_編集前AIスカイ・リプレースメント_編集後

手前に木が写り込んだ意地悪な状況ですね。
このような状況もAIスカイ・リプレースメントをクリックするだけでOKです。
「空」と「そうでない箇所」の判定精度はとても高いです。

yama
これを自力でマスク処理するのはかなり大変です。

処理の適用前と適用後を比較するとわかりますが、単純に「空」が置き変わるだけでなく、写真全体の光の具合も空の明るさに合うように調整されています。

 

水面の映り込みは反映されない

高精度なAIスカイ・リプレースメントですが、全ての状況で完璧とはいきません。

水面の映り込みまでは判別できないようです。
意地悪な実験だと思いますが、実際にはありえることですよね。
このような場合は、反転した画像をなじませるなどの手動作業が必要でしょう。

AIスキン・エンハンサーの作例

AIスキンエンハンサ_編集前AIスキンエンハンサ_編集後

元画像を拡大表示しています。
AIスキン・エンハンサーは弱めに設定していますが、肌の質感が滑らかになっていますね。

ポートレート・エンハンサーの作例

ポートレート・エンハンサー_編集前ポートレート・エンハンサー_編集後

作例はAIスキン・エンハンサーを15に設定、ポートレート・エンハンサーの「フェイスライト」を40に設定しました。
元画像に強めの影がありますが、編集後は綺麗に暗部が立ち上がっています。
コントラストも自然に処理されていますね。

フェイスライトは、家族写真をもう少し綺麗にしたいなって時に活躍しそうです。

 

Luminar 4で現像した写真作例

今回紹介した機能を組合わせて編集した作例です。

Luminar4で編集した写真

AI補正とAIスカイ・リプレースメントで雲を追加、AIストラクチャを強めにかけています。
ディテールを強調しているので、HDR加工した写真のようになりますね。

yama
個人的にはこの感じが好きなので、HDR的な使い方が増えそうです。

 

Luminar4で編集した写真

吊り橋のワイヤー部分をAIスカイ・リプレースメントが切り抜けるかな?と思い実験してみました。
さすがにワンクリックでは厳しかったようです。
マスク処理で解決できそうですが、操作方法がわからなかったです。
もう少し研究して、別記事で紹介したいと思います。

 

AI機能による現像を紹介してきましたが、手動の画像編集もできます。
Lightroomなどの現像ソフトと同じ感覚で使えそうです。

Luminar4で編集した写真
Luminar4で編集した写真
Luminar4で編集した写真
Luminar4で編集した写真

 

Luminar 4を使ってみた感想

Luminar 4のAI機能を中心に体験レビューをまとめました。

Luminar4の良いところ
  • AI機能による写真編集の精度が高い
  • 操作がとても簡単
  • RAW現像ソフトしても十分使える
  • 買い切りタイプのアプリなので運用面で安心

AI補正は、多くの方にとってこれだけで十分と思える精度です。
操作も簡単なので、複数の写真も気軽に現像できます。

要望としては、

改善してほしいところ
  • アプリケーションが重い
  • SIGMA XF3に対応してほしい
  • モバイル版があれば最高

Adobe Lightroomtとの比較になりますが、Luminarは若干動作が重いと感じました。
同じファイルでLightroomを使用した時と比較すると、編集効果がプレビューされるまでに時間がかかると感じました。
作業環境にも依存する要素ですが、少し気になる点です。

ボクはSIGMA dp2 quattroというカメラも使っています。
SIGMAのRAWデータはX3Fという特殊なファイル形式のため、SIGMA純正の現像ソフトを使うのが一般的です。
ですが、SIGMA純正ソフトの動作が非常にもっさりしているため「別の何か」を探している方は多いと思います。
PhotoshopのプラグインでX3Fファイルを読み込むことはできますが、本格的な現像はできません。少数派の意見ですが、Luminar でX3Fファイルが現像できたら嬉しいですね。

最後に、これができたら嬉しいという点です。
Luminarは簡単に写真編集ができるアプリケーションなので、モバイルとの相性が良さそうです。タブレット版があると嬉しいですね。
インスタなどのSNSで活躍しそうです。

Luminar 4はRAW現像・写真編集ソフトとして満足できるものです。
アプリも買い切りタイプなので運用面でも安心です。
ボクはLightroomも使っているので、今後はプラグインとして使ってみようかと思います。

それでは、今回はこのへんで。

Skylum社様より、Luminar4の割引コードを提供していただきました。
Luminar公式サイトから購入される際に約10ドル割引となりますので、購入時にご利用ください。

割引コード → HITORIKOHO




Luminar4体験レビュー

デザインのコツがわかる!
無料メールマガジン配信中!!

メルマガ登録

デザインの基礎がわかる!
全10回だから気軽にできる!
実際のデザイン案件をベースにした実習あり!

10回でマスターできる! レイアウトデザインのコツ
デザインの基礎について、実際の案件をベースにしたデザインワークを行う無料デザイン講座です。

個人・ブロガー向け
デザイン制作サービス

デザイン作成承ります

個人で活動している方、ブロガー向けのデザイン作成サービスです。

ロゴマークや名刺など、デザインでお悩みの方 !

自分で作る時間がない!」
「自分で作りたいけどまとまらない!」
「何をどうしていいのかわからない!!」

そんなデザインに関する悩みを解決します。
個人で仕事を依頼するって何だか難しく感じますが、メール等で打ち合わせしながらデザインを進めています。
料金設定も個人向けにわかりやすく設定しています。

お問い合わせフォームまたは、下記のページからご相談ください!
お待ちしております!

ひとり広報 Line@

デザインのコツに関する質問・疑問。デジカメの購入相談など。Line@も気軽に使ってください!

ひとり広報が「LINE@」始めたよって話

2017.09.18

Line@友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA