デザインのコツがわかる無料メルマガはこちら!

iMacの修理代が神対応で無料に! 保証切れでも対応してくれたアップルサポートは素敵すぎる

yama

こんにちは!
静岡県沼津市在住、ブロガー&デザイナーのyama(@ひとり広報)です。

Appleへ修理依頼を出したiMacが無事に戻ってきました。
今回は修理依頼から返却までの経緯をまとめます。

この記事は2017年に公開された記事です。
最新の情報ではありません。あらかじめご了承ください。

結果、修理費用はどれだけかかったの?

iMacの購入は2014年、店頭展示品が安く販売されていたのでそれに飛びつき購入。7万くらいだったと思います。

購入から3年ほど使用した2017年に不具合が発生。
修理依頼時には完全に保証期間が切れていました。

で、今回の修理料金ですが

0でした。

修理は無事に済んでいます。
今回の記事も復帰したiMacで書いています。

いったい何があったのでしょうか?
時系列を追って書いていきます。

iMacの故障内容と修理依頼まで

ボクのiMacがどのような状態であったかというと、

  • 起動はできる
  • 作業中に突然スリープ状態?(画面は真っ暗)
  • 通常のスリープ解除から復帰できない
  • 背面の電源ボタンで復帰できる
  • 復帰後、また真っ暗になる
  • 問題なく動作できる日もある

といった状態でした。

1年以上このような状態が続いていました。
問題発生当時もAppleへ同じ内容で修理相談したのですが、概算の修理料金にビビリそのまま様子見(放置)していました。
その後、1年経過してスリープ状態が頻発しはじめたので、修理に踏み切りました。

修理依頼までの詳しい経緯は、iMacに不具合発生! スリープ状態から復帰できない! 詳細と対処方法レポート の記事で紹介しています。

4月6日 修理依頼

自分できることは全てやってみた結果の修理依頼。
覚悟を決めて送り出す。
ハード的な故障であることは間違いないようなので、インストールしたアドビ系のソフトの認証解除とアンインストールを行う。
アンインストール時にスリープしたら最悪だなと思いつつ作業をするが、これはすんなりできた。良いのか悪いのか、、謎。
ヤマト運輸が時間ぴったりに自宅に引き取りに来る。
さすがヤマトさん。いつもお世話になっております。

4月7日 Appleからの修理代の見積もりがくる

修理依頼前のAppleサポートさんのとの電話のやりとりで、修理代金は作業前にメールで通知するとのことでした。
されに了承したら作業と。

修理発送の翌日、メールが届く。自宅にPCはないので、iPhoneでメール確認。
メールで確認した修理代金は70,200円!

yama
これ、修理する?

事前に電話で聞いていた概算5万円を大幅に超えてきた金額にビビる。
金額もさることながら修理内容が分からないので、翌日Appleサポートへ電話してみる。

4月8日 サポートへ電話、そして神対応

メール確認から一晩経っており、電話する時点では修理に出すつもりでした。
元々が格安で購入してますし、今回の修理代金と合わせても納得できるかなと思っておりました。
Appleサポートへ電話し、修理代金を確認。
そこで言われたのが修理代金は65,000円とのこと。

yama
7万超えていた気がするんだが、、?

瞬間的に金額が違くない?って思いましたが、よくよく考えると、65,000円に消費税(8%)で70,200円なので計算は一致しています。

故障個所を確認すると、ハードはハードでも液晶ディスプレイの故障とのこと。
修理相談の時点でハードディスク系の故障と思い込んでいたので、

yama
そっちかい!

心の中で叫んでおりました。
ソフトのアンインストールは必要だったのだろうか、、(汗)
今回は、液晶ディスプレイをマルッと交換するので、この金額がかかるわけです。

yama
液晶ディスプレイの交換って結構お金かかるんですねぇ、、

正直な感想を言ってました。
別に文句言ってるわけでもなく、自分を納得させるための独り言みたいなものです。
それでも修理するつもりだったので「お願いします」と言うつもりでした。

ところが、サポートの方はボクの言葉をどう受け取ったのか、

「確かに高額ですよね、新しい機種の購入も考えちゃいますよね。では、金額をもう一度確認して参ります。」

と、なぜか金額交渉的な話に移行していました。
電話が保留されること1〜2分。

「お待たせしました。今回の件では1年前からご相談いただき、大変ご迷惑をおかけしておりましたので、今回は無償修理させていただきます。」

という、神のような回答ではありませんか!
いや、電話口に出ていただいた方は女性なので女神様ですな。

Appleサポートに女神が降臨した瞬間であります!!

yama
ホントにいいんですか!?

女神様に再度確認すると、大丈夫とのこと。
ホントにビックリしました。

1年前に電話した時は「保証期間外だから、有償です」ってはっきり言われていたので、無償修理になるなんて想像していませんでした。
確かに1年前に電話対応いただいた方とは別の方でしたが、、。

む〜、あれですかね。もの凄い面倒なクレーマーと思われてしまったのでしょうか?(汗)
ごねた言い方してないんだけどなぁ、、。だって完全に諦めてたし。

というわけで、女神様の対応もあり、ボクのiMacは無償で修理されたのでした。

数日後、無事に戻ってきた

相談時点では、ハードウェアに欠陥がある恐れが高いので修理後も2週間程度の動作確認期間を設定したいとのAppleサポートさんの申し入れがありましたが、故障箇所が液晶であったこともあり数日で戻ってきました。

修理から戻ってきたiMacは快適に動作しています。
ま、ソフトウェア関係の再インストール作業はありましが、たいした問題ではありませんね。
修理依頼前に不要なソフトも削除できてスッキリしたくらいです。

iMac修理の経過と結果報告でした。
そして、これからもAppleさんについて行きます! って事です。

今回の修理依頼までの詳しい経緯と、基本的な対処方法をまとめました。

それでは、今回はこのへんで。

〜 その後 〜

この記事の修理から約3年後、iMacが再起動を繰り返すトラブルが起き、最終的に手放すことになりました。でも、購入から7年間も頑張ってくれたこのPCには大満足です。

そして、最後まで丁寧に対応していただいたAppleサポートの皆様に感謝申し上げます。

Macが再起動を繰り返す時の検証と修復

あわせて読みたいオススメ記事


ひとり広報 Line@

デザインに関する質問・疑問。デジカメの購入相談など。Line@も気軽に使ってください!

Line@友だち追加

デザインのコツがわかる!
無料メールマガジン配信中!!

メルマガ登録

デザインの基礎がわかる!
全10回だから気軽にできる!
実際のデザイン案件をベースにした実習あり!

基本的なデザイン理論の学習とデザイン制作が体験できる無料講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA