デザインのコツがわかる無料メルマガはこちら!

illustratorのレイヤーの基本 表示する・分ける・追加する データを整理して使いこなそう!

イラストレーターのレイヤーの基本
yama

こんにちは!
静岡県沼津市在住、ブロガー&デザイナーのyama(@ひとり広報)です。

この記事では イラストレーターのレイヤーを使った情報整理の方法について 紹介しています。

イラストレーターやフォトショップの使い方を勉強すると必ず出てくるのがレイヤーです。
illustratorとWordの違いは?使い方がわからない! イラレ初心者がファイル作成時にチェックしたい4項目の記事で、illustratorのわかりにくい要素を書きましたが、レイヤーも初心者さんにわかりにくい機能ですね。

レイヤーを上手に使うとデザイン作業の効率もあがります。
しっかり覚えたい機能です。

レイヤーって何? 初心者にわかりにくいイラレの機能 

yama
制作現場でもレイヤーを使わない(わかっていない)人もいるので、初心者さんが「わからない!」って言うのも理解できます。
レイヤーを使ったイラストの作例

ここでは、3つのレイヤーで構成された作例を使って説明します。

レイヤーは上から順に表示される

レイヤーの分かりやすい例えが、アニメなどで使われるセル画 です。
作例のイラストをレイヤーごとにわけるとこんな感じです。
↓↓↓↓↓↓

レイヤーの分解例

要は、3つのレイヤー(セル画)に分けて、1枚のイラストを作っている イメージです。

こうして見てみると、レイヤーは重なりの上から順番に表示され、イラストや文字が描かれていない部分は透過していることがわかります。

上から順番に表示されるということは、レイヤーの順番を入替えると次のようになります。

レイヤーを入れ替えた作例

「車」レイヤーが「背景」レイヤーの下に移動したため、車のイラストが表示されなくなりました。

注意したいのが、吹き出しや背景画のレイヤーで白く塗りつぶした部分(オブジェクトの塗りを白に設定)は透過されず「白」として表示されていることです。

レイヤーの設定を調整することで透過率を変更することもできますが、それは別の機会に紹介します。

 

レイヤーの基本 ここまでのまとめ

レイヤーって何?
  • レイヤーは、アニメーションのセル画のようなもの
  • 上から順に表示される
  • イラストや文字が描かれていない部分は基本的に透過する
  • 「白」に塗りつぶした部分は透過しない(設定で変えることも可能)

以上の点が分かればレイヤーの基本的な考え方は大丈夫です。

 

レイヤーを分ける必要性

先ほど、「レイヤーをわけない人がいる」と書きましたね。

簡単な制作物ではレイヤー分けが必要ないこともあります。
ですが、何でも1枚のレイヤーで全てを配置するとデータ修正に苦労します。

複雑に重なった図形が1枚のレイヤーに全て配置されていると、図形を少し動かすだけでも苦労しますからね。

ボクが作業する時はこんな感じでレイヤーを作ります。

yamaがよく使うレイヤー順
  • 文字
  • 画像(イラスト)
  • 背景

基本は3階層くらいに分けて、レイヤーごと情報を整理しながら作業します。 

レイヤーをどう分けるべきか?

最初はわかりづらいかもしれませんが、修正する時にどうなっていると作業がしやすいか?を考えましょう。
文字と写真は別のレイヤーになっていた方がいいかな?
タイトル部分を別のレイヤーにしようか?
など使いやすい方法が見えてくると思います。

レイヤーのパレットの見方

illustratorの画面で解説しますが、Photoshopも基本は同じです。

レイヤーパレットの表示

「ウインドウ」→「レイヤー」でレイヤーパレットが表示されます。
パレット内のアイコンは左から順にレイヤーの表示/非表示、レイヤーのロック/ロック解除、レイヤー名が表示されます。レイヤー名は任意で変更できます。

レイヤーの追加と並び替え 

イラレでレイヤーの追加

レイヤーの追加方法は簡単です。
レイヤーパレットから「新規レイヤー」を選ぶと「レイヤーオプション」が表示されます。
ここでレイヤーの名前を設定してあげればOKです。

レイヤーの並び替え

作成したレイヤーは重なり順を自由に変えることができます。

レイヤーの移動
yama
ドラッグして移動するだけです。簡単ですね。

最後に、今回のまとめ

illustratorのレイヤーについて紹介しました。

今回紹介したレイヤー機能は、情報を整理するための基本的な使い方です。
制作・修正の効率をあげる機能として、上手に階層分けしましょう。

レイヤーは、描画モードや透明度を変更することで表現の幅を劇的に広げてくれる機能もあります。
それらは具体的な事例と一緒に紹介していきます。

それでは、今回はこのへんで。

あわせて読みたいオススメ記事


ひとり広報 Line@

デザインに関する質問・疑問。デジカメの購入相談など。Line@も気軽に使ってください!

Line@友だち追加

デザインのコツがわかる!
無料メールマガジン配信中!!

メルマガ登録

デザインの基礎がわかる!
全10回だから気軽にできる!
実際のデザイン案件をベースにした実習あり!

基本的なデザイン理論の学習とデザイン制作が体験できる無料講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA