「いいね」を呼び込むiPhoneコンデジ写真術 を読んだ感想 カメラ初心者はフルオートで気軽に写真を楽しもう!

いいねを呼び込みiPhoneコンデジ写真術

こんにちは、yamaです。

沖縄のブロガー ヒガシーサーさんが出版した電子書籍 「いいね」を呼び込むiPhoneコンデジ写真術 を読みました。

スマホやコンデジで綺麗に撮る方法を知りたい!
SNSに投稿した写真に「いいね」が欲しい!
子供の写真を自然に撮りたい!
↓↓↓↓↓↓↓
できれば簡単な方法で! 

という方におすすめです。

今回は、小さな子供がいる父親目線での感想が多めです。

写真、楽しんでいますか?

一眼レフ、ミラーレス一眼、コンデジ、スマートフォン…カメラと言っても様々です。

「スマホで十分!」って方もいれば
「全部持ってます!」って方もいるでしょう。

ボクは今でこそコンパクトなミラーレス一眼とiPhoneですが、以前は フルサイズ一眼レフをメインに使っていました。

一眼レフを使っていた頃もカメラを楽しんでいましたが、「カメラとは」や「写真技術」的な話が大好物で、ちょっと硬い感じで写真を撮っていました。
プロカメラマン的なテクニックやカメラ機材が自分の楽しみ方として定着していました。

それも楽しみ方の一つですが、写真の楽しみ方の全てではないですよね?

ガチな写真テクニックなんて全然楽しくない! って方もいると思います。

ボク自身、フルサイズ一眼レフを手放してからは気軽にササッと撮ることが楽しくなっていましたし、スマホをメインに使っている家族が、写真をもっと楽しめる方法ってないかな?なんて考えていました。

本書を選んだ理由は、家族で写真を楽しみたいからでした。

 

「いいね」を呼び込むiPhoneコンデジ写真術

 

本書を一言でまとめると、あなたの写真ってなんか”雰囲気”あるよね。って言われたいヒトのための簡単フルオート写真術! です。

これは本書の冒頭の引用ですが、この言葉に沿って様々な写真術が紹介されています。

簡単フルオートが前提なので、カメラの操作テクニックを紹介する本ではありません。
iPhone、コンデジで気軽に雰囲気のある写真を撮り、アプリを使った写真編集がまとめられています。

スマホやコンデジで撮ることが多い「料理」「風景」「子供写真」が作例のため、紹介されているテクニックが自分の中で想像しやすいと思います。

写真の構図、光の使い方、ボケ表現について解説されていますが、専門用語を極力使わない表現で解説されているので、すんなりと読み進めることができます。
テクニックも覚えられる数にしぼって書かれているので、初心者さんでもバッチリ再現できる方法だと思います。

また、本書では 撮った写真をどうするか?についてもまとめられています。

写真データの管理方法、その写真を家族間でシェアする方法。そして、フォトブックの活用術も紹介されています。
フォトブックの作り方はとても参考になりますよ。

家族や友達と写真楽しむためのヒントとコツが書かれています。

 

yama
これが99円でいいんですか!?ってくらいのお得感

ボクは昼休みとかを使って読みましたが、1時間くらいで読み切れますよ。

作者情報
ヒガシーサー:初心者にやさしいカメラ選び・情報を提供している「ヒガシーサーのカメラ沼」を運営されています。
ボクも参加しているブログコミュニティ「ブログでウェイする会」の運営者でもあります。

 

「何か雰囲気ある写真だね」って言われたい!

読み終わっての感想は、

yama
俺も、何か雰囲気あって「いいね!」って言われたい!!!

って感じです!

で、特にグッときた部分を本書を引用させていただきながら書きます。

私も過去はスペックを追い求める”スペックゾンビ”だったのです。

こんな感じで自分もカメラスペックを追っていました。
ボクはデジカメを使い始めてから20年くらい経つわけですが、当時は10万以上するデジカメが今のiPhoneよりもイマイチな画質だったので、最新で高性能なデジカメでないとって感覚が定着しちゃったんですよね。

今は簡単で綺麗に撮れるカメラが増えたので、最新かつ最高スペックのカメラである必要はないなって思います。

 

 

私のライフスタイルにはコンパクトであることが最も重要だと気付いたのです。

特に小さなお子さんがいるパパママは「その通り!」って思うところですよね。

本書では家族旅行の体験から、一眼レフよりコンデジやスマホで撮る方が自分のライフスタイルに合っていたと書かれています。

ボクもある理由から一眼レフからコンパクトなカメラにしようと思ったわけですが、いずれにしてもライフスタイルを基準にしたカメラを選び であったことは間違いないですね。

一眼レフカメラ自体は今も好きです。
なので自分のライフスタイルが変われば、一眼レフをガンガン使う日もくるかもしれません。

要は、カメラ自体はなんでもよくて、自分や家族のライフスタイルとマッチしていればOK なのだと思います。

 

素人さんや初心者さんの全員が写真上達したいと思っているわけではありません。
~中略~
もっと気軽に「写真の加工」を楽しんで、SNSにシェアするだけでも立派な写真活動だと私は思うのです。

自分への戒めというか、気をつけようと思ったのでシェアしました。

ボクはブログでPhotoshopを使った写真編集を紹介しています。
でも、全ての人がPhotoshopを持っているわけではないですし、「Photoshopを使ってまでやりたくない」って思う人だっていますよね。

自分の記事や活動が押し付けにならないようにと自戒をこめてですね。

 

ボクもインスタに投稿する時はスマホアプリで写真を編集して公開しています。
それが面白いし、綺麗に編集できるんですよね。

本書で紹介されてる編集方法はインスタ映えするテクニックが豊富なので、とても参考になりますよ!

 

写真はやっぱり「心を込めて撮る」ことが大切です。

カメラマンとして心構えみたいな話ではなく、撮りたいものに心を込めるということです。

パパママはイメージしやすいと思います。
上手い下手ではなく、子供達の楽しそうな「笑顔を撮りたい! 」「写真に残したい!」って気持ちが大切なんだと思います。

 

 

 

最後に、今回のまとめ

「一眼レフで家族の良い写真を撮るぞ! 」って意気込んでいると写真を撮ることに集中しすぎることってありませんか?

意図しない子供の動きにイラついたり
上手く撮れない自分に落ち込んだり
家族も写真ばかり撮られて疎ましく感じたり

楽しむどころかストレスの場になっていたこともありました。

本書では写真のテクニックより、気軽に写真を楽しむことを大事にしています。
そして、さらに大事なのはその場にいる家族との時間を楽しむことだと書かれています。

本当にその通りですよね。

たとえ上手く撮れていなくても、その場の雰囲気とか感情が思い出せれば、写真データをシェアしたり現像していたなって思います。
それって出来不出来の問題じゃないですよね。

「何かいいよね」って思えたから、ピンボケ写真が今も我が家のリビングに飾られているのかなって思いました。

それでは、今回はこのへんで。

追記:
ボクが一眼レフを手放した理由ですが、記事にしています。
一つはブログ開設から2本目の記事ですね(汗)

ブログ開設2本目に書いた コンデジ関連の記事

一眼レフは使わない!ボクがコンデジで撮る最大の理由!!

で、こちらが一眼レフを手放した時の記事です。

どちらも自分中心の理由で恥ずかしい限りですが、この機会に紹介させていただきました。

 

 

いいねを呼び込みiPhoneコンデジ写真術




デザインのコツがわかるメルマガ配信中!

メルマガ読者登録

デザインの基礎から、実際の案件をベースにしたデザインワークを行う無料デザイン講座です!!

【ブロガー・個人向け】 デザインの悩み解決します!

ブロガー・個人向けデザイン制作サービス

ロゴマークや名刺など、デザインでお悩みの方 !

自分で作る時間がない!」
「作りたいけど上手くまとまらない!」

そんなデザインに関する悩みを解決します。
料金設定も個人向けに設定しています。

お問い合わせフォームまたは、下記のページからご相談ください!

ひとり広報 Line@

デザインのコツに関する質問・疑問。デジカメの購入相談など。気軽に使ってください!

↓ コチラをポチッと

Line@友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA