illustratorで写真を枠内に直接配置!マスク作業なしで初心者でも超簡単!

illustratorでマスクなしで画像を枠に入れる

こんにちは、yamaです。

この記事では、illustratorで枠内に写真を配置する方法 を紹介します。

illustratorのデザイン作業で写真を配置することはよくあります。
でも、イラレの写真配置って使いづらいと思いませんか?

  • メニューから写真を配置してサイズを調整
  • 枠内に写真をおさめる時はクリッピングマスクの処理が必要

これが一般的なillustratorの写真配置の方法です。

ここで紹介する方法は、あらかじめ用意した枠(オブジェクト)に写真を直接配置する方法 です。
illustrator初心者さんでも簡単にできる方法なので、ぜひ試してください!

今回紹介する方法は、illustrator CS5以降の機能を使っています。

illustratorの基本的な写真の配置方法は?

illustratorでの写真の配置方法は、主に以下の3つです。

  1. 写真を配置してからillustrator上でサイズを調整する
  2. 画像編集ソフトで写真を必要サイズに調整してから配置する
  3. クリッピングマスクで枠内におさめる

このあと紹介する配置方法は上記の③をベースにしたものです。
クリッピングマスクの知識があると理解しやすいです。

クリッピングマスクについては、illustratorの画像挿入はどうすればいい?リンクと埋め込みの違いって何? の記事で詳しく紹介しています。

 

クリッピングマスクとの違い

マスクを作り、画像をトリミングしたように見せるクリッピングマスク。
今回紹介する方法も基本的な考え方は同じです。

ですが、クリッピングマスクと違うのは、画像を枠内に直接配置できる ところです。
感覚的にはAdobe製品のInDesignの操作感に近いです。

yama
マスク作業は地味に面倒なので、この方法はかなり楽ですよ!

InDesignって何?という方は、illustratorとPhotoshopは違うの?InDesignって何?グラフィックデザインで使うソフトの違いとその使い分け の記事でソフトの特徴を紹介しています。

 

illustratorで枠内に直接写真を配置する方法

まずは、全体の流れを紹介します。

枠内に直接写真を配置する方法
  1. 写真を入れるオブジェクト(枠)を作る
  2. オブジェクトを選択し「内側描画」モードにする
  3. 画像を配置して微調整

ものすごく簡単ですね。
ポイントは 画像を入れるオブジェクトを内側描画モードにする ことです。

内側描画モードとはオブジェクトの内側に描画できる機能。CS5から追加された機能です。

それでは、順番に紹介しましょう。

 

illustratorでマスクなしで画像を枠に入れる

写真を入れるオブジェクト(枠)を作ります。
わかりやすいようにオブジェクトを黄色にしていますが、色は設定しなくても大丈夫です。
また、オブジェクトは四角に限らず円形や三角形など何でもOK です。

yama
写真を配置する枠なので、どんな形でも大丈夫ですよ

 

illustratorでマスクなしで画像を枠に入れる

オブジェクトを選択し、内側描画モードにする。
難しく感じるかもしれませんが操作は簡単です。
オブジェクトを選択した状態で、ツールパネルから内側描画モードを選びます。

yama
ショートカットならば、「Shift + D」を2回押します

illustratorでマスクなしで画像を枠に入れる内側描画モードになると、オブジェクトの外側に点線が表示されます。

 

画像を配置する
特別なやり方はありません。通常の画像の配置方法と同じです。
「ファイル」→「配置」から任意の画像を選択します。

illustratorに写真を配置する時は、「リンク」が「埋め込み」かで画像の取り込み方が変わります。
詳しくは、illustratorの画像挿入はどうすればいい?リンクと埋め込みの違いって何? の記事で紹介しています。

illustratorでマスクなしで画像を枠に入れる

画像選択後、配置したい枠内をクリックすると画像が配置 されます。
クリックした場所を基準に写真の左上から取り込まれます。

illustratorでマスクなしで画像を枠に入れる

写真を配置する時は、ドラッグしてサイズ調整しながら配置することも可能です。
ドラッグして写真を配置できるのはillustrator CC以降のバージョンです。

illustratorでマスクなしで画像を枠に入れる

写真を配置後、微調整して完成です。

 

illustratorでチラシやDMを作る時の使い方

枠の中に写真や画像を入れる方法は、チラシやDMなどを作る時に使うと便利です。

illustratorでマスクなしで画像を枠に入れる

写真が入るスペースを用意しておき、見出しや詳細情報を先に入れ込んでいく。
このような作り方は多いでしょう。

レイアウトする要素が多くなると、写真を配置→マスクを写真の前面に出す→写真とマスクを選択→クリッピングマスク といった、一般的なクリッピングマスクを使った写真の配置は効率が悪いです。
スペースも限られるので、写真とマスクを思うように選択できないこともあります。

内側描画モードを使った写真配置は、マスクするオブジェクトだけを選択して写真が配置できるので、効率的に作業が進められます。

 

最後に、今回のまとめ

illustratorで枠内に写真を配置する簡単な方法を紹介しました。

  1. 写真を入れるオブジェクトを作る
  2. オブジェクトを選択して内側描画モードにする
  3. 写真を配置して微調整

と、効率的に作業を進められます。

illustratorの対応バージョンがあるので注意してください。

  • 内側描画モードが使えるのはillustrator CS5 以降
  • 画像をドラッグして配置できるのは illustrator CC 以降

便利な機能なので、ぜひ活用してください。

それでは、今回はこのへんで。




illustratorでマスクなしで画像を枠に入れる

デザインのコツがわかる!
無料メールマガジン配信中!!

メルマガ登録

デザインの基礎がわかる!
全10回だから気軽にできる!
実際のデザイン案件をベースにした実習あり!

10回でマスターできる! レイアウトデザインのコツ
デザインの基礎について、実際の案件をベースにしたデザインワークを行う無料デザイン講座です。

個人・ブロガー向け
デザイン制作サービス

デザイン作成承ります

個人で活動している方、ブロガー向けのデザイン作成サービスです。

ロゴマークや名刺など、デザインでお悩みの方 !

自分で作る時間がない!」
「自分で作りたいけどまとまらない!」
「何をどうしていいのかわからない!!」

そんなデザインに関する悩みを解決します。
個人で仕事を依頼するって何だか難しく感じますが、メール等で打ち合わせしながらデザインを進めています。
料金設定も個人向けにわかりやすく設定しています。

お問い合わせフォームまたは、下記のページからご相談ください!
お待ちしております!

ひとり広報 Line@

デザインのコツに関する質問・疑問。デジカメの購入相談など。Line@も気軽に使ってください!

ひとり広報が「LINE@」始めたよって話

2017.09.18

Line@友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA