HDRって何? 日常の景色を劇的に変える写真表現を紹介!

こんにちは、yamaです。

インスタグラムやWEBサイト上で、 「これって写真?それともCG?」と、そんな写真を見た事はありませんか?
キリッ、パキッとしていてコントラストや彩度が高い写真。
これらは、HDRという撮影・加工を行った写真表現です。 今回は、HDR写真について紹介します。

HDRとは?

ハイダイナミックレンジ合成(High Dynamic Range Imaging)の略で、ざっくりと言ってしまうと「明るい写真から暗い写真までを合成して、白とびや黒つぶれのない写真を作る表現」です。
 iPhoneやAndroid端末のカメラモードに装備されていることから最新の技術のように感じますが、写真愛好家の間では、デジタル一眼が普及し始めた10年程前からHDRが表現の一つとしてWEBサイトでも数多くの作例が発表されています。

ダイナミックレンジって?

ダイナミックレンジとは、カメラが受け取ることることができる「最も明るい部分と最も暗い部分の範囲」のことです。
下の図は、ダイナミックレンジの幅を表したもの。こうして見ると、デジカメのダイナミックレンジが狭いことが分かりますよね。

人の目とカメラのCCDのダイナミックレンジの比較

「素敵な景色」を目にして、ここぞとばかりに撮った写真。後で見返した時に「あれ、なんか違うな、、」と感じるのは、人の目とデジカメ(CCD)では受け取ることができる光の幅が違うからです。ボクらには見えていたも部分が、デジカメには見分けることができないんですね。
CCDとは、デジカメが光をデジタルに変換するためのセンサーのことです。人間の網膜と言ったところでしょうか。
デジカメは、限界を超えた明るい部分は「真っ白」に、暗い部分は「真っ黒」に撮影します。これが、「白とび」「黒つぶれ」と言われる現象です。

HDRは、1つの風景をシャッタースピードを変えて異なる明るさで撮影し、専用のソフトを使い一枚の写真に合成することで、写真のダイナミックレンジを広げる表現なのです。

HDR表現は、大きく分けて2種類

HDRの表現手法を同じ景色で比較してみましょう。

元の画像はこんな感じです

元の画像はこんな感じ。補正等はしていない画像です。

CG調のHDR写真

HDRイメージCG調

「HDR写真をやってみたい」という方はCG調のHDRに魅力を感じると思います。

ひとつは、CG調のHDR。
特徴は、彩度が高くコントラストも強め。イラストや、絵画のような仕上がりです。
HDRと言えば、この雰囲気が定番かもしれませんね。雰囲気が劇的に変化するのはとても面白く、つい加工のやり過ぎになってしまうこともあります。

ナチュラル系のHDR写真

写真の明るい部分と暗い部分を合成した写真。

写真の明るい部分と暗い部分を合成した写真。広告等で使う時はさらに画像を追い込んで調整します。

一方は、写真が持つ露出と色調を合成し「見た感じ」により近づける仕上がり。
先のHDRをCG系HDRとするならば、こちらはナチュラル系HDRとでも言いましょうか。
実際にボクも広告の仕事で写真を加工する時に使います。通常の写真よりも色調整の範囲が広がり、写真を演出しやすくなります。

ボクはCG系にしろ、ナチュラル系にしろ撮影後にPCで合成をします。
ですが、最近のデジカメやスマホは本体内で自動合成する機能がついています。スマホの撮影画面にHDRって表示が出ますよね、それです。
HDRってすでに皆さんも使ってる表現だったりするわけです。

今回のまとめ

  • HDR写真はハイダイナミックレンジの略で、明るい画像と暗い画像を合成して1枚に仕上げる表現のこと。
  • HDRはデジカメのダイナミックレンジの不足分を補い、その範囲を広げる表現。
  • 撮影後パソコンなどで合成する場合は、専用のソフトが必要。
  • 以前は撮影後にPCで合成するのが当たり前だったが、最近は本体側で自動合成する機能が定番化している。
  • HDRの表現は、CG系とナチュラル系に分かれる。

次回は、HDR写真の作成方法を紹介します。

ひとり広報
Line@ 始めました !


  • デザインのコツに関する質問・疑問
  • デザイナーに仕事頼んだらこんな価格提示あったけけど、これって高いの?
  • 記事の「ここがわかりにくぞ!!」
  • デジカメ購入相談 など

「これってどうなの?」ってくらいの感じで気楽に使ってやってくださいな。

↓ コチラをポチッと

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA