SNAP! PROって?iPhone6をデジカメ感覚で使えるケースの新機能と、SNAP!6との違いは?

SNAPPROのアイキャッチ画像

こんにちは、yamaです。

この記事では、iPhone6をデジカメ風に使えるケース SNAP!PROを紹介します。

iPhone6をデジカメ感覚で使えるSNAP!6というスマホケースについて、SNAP!6ってどうなの?iPhone6を最高のデジカメにする噂のケースの実力は?使用感レビュー という記事で紹介しました。

そのSNAP!6の後継機とされる「SNAP!PRO」が2016年6月10日に発売となりました。
SNAP! PROの機能と、前作のSNAP!6との違いについてまとめてみました。

SNAP!PROって何?

0621_001

スナップショットに最高のiPhoneケースがキャッチコピー。
前作のSNAP!6と基本的な考えは同じで、iPhoneに物理シャッターを着けて、デジカメ風に撮影できちゃう、というスマホケースです。

0621_002

シャッターは通信機能で動作するのではなく、物理的な「ボタン」で動作します。

0621_003

SNAP! PROを装着していないiPhoneをデジカメ風に構えると、シャッターボタンの箇所には何もついていません。
何故、SNAP! PROのシャッターボタンで写真が撮れるかというと、こんな仕組みです。

0621_004

写真の白丸の部分は、iPhoneの音量ボタンがある箇所です。この音量ボタンを撮影時に押すと、シャッターとして使う事ができます。この動作を利用しているわけですね。
ケースについたシャッターを押すと、ケース内部のギミックが本体の音量ボタンをチョイチョイと押す訳です。

この仕組みはSNAP!6と同じ動作です。

SNAP!PROとSNAP!6の違いは?

①SNAP!PROはグリップ交換可能

SNAP! PROでは通常のスリムグリップと、よりホールド力の強いグリップが用意されています。
ウッド調も雰囲気ありますね。
ケースの色はブラックとホワイトの2色。SNAP!6は全4色(ブラック、シルバー、ブルー、ピンク)だったので、カラーバリエーションは減ったようです。
恐らくですが、ウッド調グリップとのケースの色味とのバランスで2色になったのではないかと思います。

0621_005

グリップは、スリムグリップのほかにホールド性の高いグリップを2種類用意。 ケース本体の色でウッド調のグリップの色が違うのもおしゃれな感じ。

 

②スマホケースとしての機能が向上している、、と思う

ボクはSNAP!6を使っていますが、スマホケース本来の役割である「衝撃から守る」という点ではイマイチかなと。SNAP!6はアルミニウムでカチっとした感じがあり質感も上々ですが、落下させると衝撃をそのまま受けている感じがあり、精神衛生はおだやかではありません。もう少し、柔軟に受け止めて欲しいのが個人的な感想です。

SNAP! PROは二重構造のバンパーケースということで、この辺りは改善されているかと思います。

0621_006

③SNAP!PROは三脚にセットするネジ穴が付いてる!

標準的な1/4インチのネジが付いているので、三脚に固定して撮影可能です。
iPhoneで三脚を利用する人は少数かな?と思いますが、タイムラプス撮影(微速度撮影)をする人には便利ですね。

iPhoneに大型の三脚はちょいと不加工な気もする

コンパクトなiPhoneにはミニ三脚がオススメです。こんなのどうですか?

0621_007

Manfrottoのミニ三脚「PIXI(ピクシー)

Manfrottoのミニ三脚「PIXIシリーズ」はこちらから

④サムレストが付属

0621_009

SNAP! PROには新しくサムレストが付いています。右手の親指部分のとこですね。
これによってグリップしやすくなり、安定して撮影できるようになります。

0621_010

SNAP!6だとこんな感じ。

SNAP!6にはサムレストはありません。確かに親指の行き場がなくて安定感はもう一つと感じていたので、これは地味ですがナイスな改善だと思います。

⑤コンバーションレンズを豊富に用意

0621_011

SNAP!6と同様にSNAP! PROでもコンバーションレンズが使用できます。
このチマっとしたレンズが、趣味っぽくて楽しいんですよね。
ワイドレンズ、魚眼レンズ、偏光レンズと種類も豊富にあります。レンズがとても小さいので、数種類持っていても邪魔になることはないでしょうね。

SNAP! PROは付属品を組み合わせて購入可能です。
ちなみに、ケースとグリップ、さらにレンズも全てつけたALL-in-Oneというパッケージだと、お値段34,970円です。

yama
普通にデジカメ買えちゃうね。

最後に、今回のまとめ

SNAP! PROの商品紹介をまとめます。

  • SNAP!6同様にiPhoneをデジカメ風に使えるアイデアが最高!
  • カラーバリエーションは減ったけど、グリップの追加などもナイスアイデア!
  • 専用のレザーストラップもかっちょいい!
  • コンバージョンレンズも装着可能!
  • 三脚ネジ、サムレストの追加でより「デジカメ風」になっている。
  • コレクション的な満足度は極めて高い。

SNAP! PROはここはどうよ?

  • 使ってみないとわからないシャッターフィーリング
  • 全部装備すると、良くも悪くもデジカメになっちゃう
  • ケースとしての「スマホ保護」については若干疑問あり
yama
シャッターフィーリングだけは、使ってみないとわからないなぁ、、
SNAP!6では上手く動作しない時もあったし

関連記事 >>> SNAP!6ってどうなの?iPhone6を最高のデジカメにする噂のケースの実力は?使用感レビュー

SNAPPROのアイキャッチ画像

ひとり広報
Line@ 始めました !


  • デザインのコツに関する質問・疑問
  • デザイナーに仕事頼んだらこんな価格提示あったけけど、これって高いの?
  • 記事の「ここがわかりにくぞ!!」
  • デジカメ購入相談 など

「これってどうなの?」ってくらいの感じで気楽に使ってやってくださいな。

↓ コチラをポチッと

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA