PPAPに学ぶアイデアの出し方。組合わせから、ひねり出す!

「アイデア」「企画」なんてまったく必要ない業界などあるでしょうか?

「何かいいアイデアありませんか?」とか
「今回の企画は、●●をコンセプトに、、」といった具合に

規模の大小や頻度は違えど、みなさん頭を悩ませてると思います。
さて、このアイデアですが、みなさんはどうやって出していますか?

とにかくウンウン考えてひねり出します?
それとも独自の発想法をお持ちですか?

商品や企画のアイデアを考える時、ブログのネタを考える時、宣伝戦略を立案する時、
今回は、アイデアの出し方、考え方についてまとめたいと思います。

芸術と広報の「アイデア」の違い

アイデアどうこうという話になるとよく出てくるのが「オリジナル」という言葉です。

  • オリジナルのアイデア
  • オリジナルのデザイン
  • オリジナルの企画

といった具合ですね。

アイデアやデザインが、この世に一つと似たものがなければオリジナルですよね。
0から1を生み出したわけです。
これぞアーティストの活動です。
過去にない新しい感覚や価値観を見いだすのは「芸術」の分野だとボクは考えます。

では、広報や広告におけるアイデアも同じでしょうか?

広告や広報でのアイデアは、アーティストのそれとは別物だと考えます。
広告では、伝える「モノ」や「コト」が既に存在しています。
要は、0から1ではなく、1を2や3にする作業になります。

考え方はPPAP

広告の場合、見た人に共感してもらったり、実感していただくことが重要です。
そのため、これまでの概念にないような「未知の感覚」を持ってくるのは得策ではありません。

そこで参考になるのが、ピコ太朗さんのPPAPです。
恐らくあの歌はオリジナルでしょう、というか注目するのはそこではなく、あの歌詞ですね。

「ペン+アンプル → アポーペン」

この考え方ですね。
要は、アイデアの出し方は「既存の物や概念の組合わせ」だと思うのです。

ボクらの身のまわりは「組合わせ」でできている

そう考えると、今現在ボクたちが使っているものが「既存の組合わせ」で成立していものが多い事に気付きます。

  • スマートフォン
  • タブレット
  • デジタルカメラ
  • スマートウォッチ

上記の物なんて、何と何を組合わせたか?なんて聞くまでもないですよね。

これからも商品開発の部門は、組合わせのパターンから次々と商品が生まれてくるでしょう。
このような組合わせによるアイデアの出し方は、ボクも一番良く使う方法です。

ボクが実践しているアイデア方法

みなさんは、ネタ帳って持っていますか?
ボクは2冊のノートで実際のアイデア出しに使っています。

以下に紹介する方法はある書籍で紹介されていた方法です。ボク自身、以前から使っている方法なのですが、書籍のタイトルなどはわかりません。今後、わかりましたらご紹介させていただきます。

とにかく思いついたことを書く【第1ノート】

この第1のノートは思いついたこと、面白いなと思ったものをとにかく書いておきます。
あまり深く考えず「おっ」と思ったものはどんどん書いていきます。
メモ程度に気楽に書きますが、なるべく詳細に書きます。

第1ノートのポイントは、情報ソースを必ず入れておく事です。

どこから仕入れた情報で、内容の確認がとれるように必ず情報源もメモします。

その後まとめる【第2ノート】

第1ノートに書き連ねたものは、言わばネタの元です。
メモをした時は「面白そう」「使えそう」なネタとして書いていますが、冷静に読み返すとイマイチなこともよくあります。
なので、第1ノートに書いたメモを1週間後に見返して、それでも「面白い」「使えそう」と思った事だけを第2ノートに書きます。
こうしてアイデアのストックをドンドン増やしていきます。

第2ノートに書き写す時はこれだけ気をつけて書いてください。

  • 1から通し番号をつける
  • 書き写すネタはカテゴリ分けせず、メモした順番に写す

カテゴリ分けした方がノートとしては見やすいですが、ここではそのような機能は必要としていません。
むしろバラバラに出てきた方が、面白いアイデアにつながります。

こうして書き写したノートをパラパラ見ながら、アイデアの組合わせに使うのです。
ストックされたアイデアが多く、様々なジャンルにわたり書かれていた方が新しい発見につながります。

最後に、今回のまとめ

今回はアイデア出しについて、ボクなりの考え方と実践している方法についてお話しました。

  • アイデアは既存概念などの組合わせ
  • 2冊のネタ帳を使ったアイデア出し

2冊のノートを使ったネタ帳作成は、業種を問わず使えます。
もちろんブロガーさんのネタ帳としても使えると思いますよ。
是非、試してください。

それでは、今回はこのへんで。

アイデア出しの参考にオススメです!

 

ひとり広報
Line@ 始めました !


  • デザインのコツに関する質問・疑問
  • デザイナーに仕事頼んだらこんな価格提示あったけけど、これって高いの?
  • 記事の「ここがわかりにくぞ!!」
  • デジカメ購入相談 など

「これってどうなの?」ってくらいの感じで気楽に使ってやってくださいな。

↓ コチラをポチッと

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA