2017年 キヤノンの初心者向け一眼レフってどう? EOS Kiss X9の登場でさらにカオス状態!?

こんにちは、yamaです。

この記事では、Canonのエントリークラスの一眼レフを紹介します。

キヤノンのデジタル一眼レフが豊富すぎて、特に初心者さんは選ぶのに苦労しそうだという記事を書きました。
▶︎ キヤノンのデジタル一眼がカオスすぎ! おすすめ一眼が家系図のようになった件

初めてデジタル一眼レフを買うとき、Canonのエントリークラスをチェックする方は多いでしょう。
最も有名で売れているメーカーですが、エントリークラスだけでも種類が多く選ぶのは大変です。

そこで、エントリークラスの5機種にしぼって紹介しますので、購入前の参考にしてくださいね。

キヤノンのエントリークラスは2つのカテゴリーがある

キヤノンのエントリークラス一眼レフは以下のラインアップ。
このクラスには初心者向けのカメラが揃っているのですが、それでも5機種は多いですね。

yama
5機種でフルラインナップのメーカーだってあるだろうに、、

エントリークラスの一眼レフは大きく分けて2種類です。
ファミリー向けの「EOS Kiss」とプレミアムエントリーの「EOS 9000D」です。

EOS Kissだけで4種類、さあどうする!?

ファミリー向けデジタル一眼レフとして抜群の知名度を持つEOS Kiss。
2017年6月時点で最上位機のX9iからボトムモデルのX80まで4機種あります。

  X9i X8i X7 X80
画素数 2420万画素
DIGIC 7
2420万画素
DIGIC 6
1800万画素
DIGIC 5
1800万画素
DIGIC 4+
AF測距点 45 19 9 9
連写コマ数 6 5 4 3
背面液晶 バリアングル バリアングル 固定 固定
タッチシャッター ×
動画機能 FHD 60p FHD 30p FHD 30p FHD 30p
WiFi・NFC ×
Bluetooth × × ×
重さ(本体) 485g 510g 370g 440g

ファミリー向けで使いそうな機能をまとめたのが上の表です。
画素数の下に書いているDIGICとは映像エンジンです。数字が大きい方が最新の処理エンジンで高性能ってことになってます。

▶︎ キヤノンのEOS Kissスペシャルサイトにさらに詳しい比較表があります。

X9iは、ファミリー向けのモデルの最上位機種。
必要な機能は全て揃っています。
2420万画素でオートフォーカスの測距点(ピピって表示される枠です)が45点もあれば、通常の使い方で不満を感じることはまずないと思います。
それくらい性能が高いです。

X8iは、X9iの型落ちモデルですね。
当然ですがX9iより性能は落ちます。
ですが、バリアングル液晶とタッチシャッターに対応と家族で使う時にあると便利な機能はしっかり揃っています。

バリアングル液晶とタッチパネルは、ファミリー向けのモデルには重要なポイントだと個人的には思います。
理由は簡単で、

  • ローアングル、ハイアングルで撮ること多くなるから
  • カメラに詳しい人だけが使うわけではないから

この2点です。

家族写真の中心は「子供」です。
外出時や行事など撮る場面も多く、それぞれの撮影条件がなかなか厳しいので自由にカメラを構えられるバリアングル液晶はとても便利です。
また、家族で使うとなればカメラに関心がなかったり、操作が苦手な人が撮ることもあるでしょう。
タッチシャッター対応であればスマホ感覚で操作できるので、扱うハードルがぐっと下がりますよね。

yama
そう考えると、スマホってやはり偉大だな

X7は最も軽量コンパクトなモデル。
スペック的には他のKissシリーズより落ちますが、それが不足しているかというとそうでもないです。
液晶が動かないのが残念ですがタッチパネルに対応しています。カメラ自体も小さく軽いので、気軽に扱えるカメラですね。

X80は、、正直よくわかりません。
Wi-Fi、NFCに対応しており撮影した写真をスマホなどに転送することが可能です。でも、これってSDカードで対応できることですよね。
また、X7の価格がかなりお手頃なので、X80を積極的に選ぶ理由がないかなって思います。

プレミアムなEOS9000D

さて、もう一つのエントリーモデルがEOS 9000Dです。
EOS9000Dはプレミアムエントリーモデルという位置付けで、Kissシリーズよりも上位機となっています。

  X9i EOS 9000D
画素数 2420万画素
DIGIC 7
2420万画素
DIGIC 7
AF測距点 45 45
連写コマ数 6 6
背面液晶 バリアングル バリアングル
タッチシャッター
動画機能 FHD 60p FHD 60p
WiFi・NFC
Bluetooth
重さ(本体) 485g 493g
yama
まったく一緒じゃんw

いやぁ、こんなにも同じような仕様なんですね。
正直言うと、もっと違うと思っていました。9000Dって何やねんって感じですね。

でもね、一応違いはあるのですよ。それは仕様ではわかりにくい部分です。

画像出典:キヤノン製品サイト

9000Dにはボディの上面に液晶パネルがあります。
これはKissシリーズにはなく、基本的には中級機以上に搭載されるものです。
また、サブ電子ダイヤルの追加などX9iと比較して、操作系がワンランク上に設定されています。

yama
一番の違いはKissってつかないとこ

EOS9000Dは「Kiss」って名前はちょっと、、って方向けに作られたカメラでしょう。
ボディの結構目立つ場所に「Kiss」って入ってますからね。その感覚もわかるので、よく作ったなぁって思います。
そこに魅力を感じなければ、9000Dはスルーしましょう。

スペックの比較を書きましたが、いまいちピンとこない方も多いでしょう。
ボクなりにこの5機種から2つをオススメします。

おすすめは、EOS Kiss X7

画像出典:キヤノン製品サイト

スペックはX8i、X9iに劣りますが、家族ベースで使うならばこれでしょう。
ボクがX7をすすめる理由は、

  • 価格が手頃
  • 小さくて荷物の負担が少ない
  • タッチシャッター対応

この3点に特化しているだけで、家族で使う一眼レフとしては充分だと思います。

カメラを本格的な趣味にしたいとか、「せっかくだから」という気持ちがどうしても払拭できない場合はX9iになりますが、新製品だけあって高額です。
また、写真を撮る機能だけで見ると、中級機のEOS 80Dとの比較も必要になるのでさらに悩むことになります。
なので、ここはX7かなと。

yama
中級機以上になると、どうしても荷物がご立派になります。

カメラが荷物になってしまうと結局使わないってことになりますからね。
そこはバランスを考えつつ選びましょう。

新登場のEOS Kiss X9

画像出典:キヤノン製品サイト

この記事の冒頭に、エントリークラス一眼レフの表を載せましたが、X7の箇所に丸印がついていたのに気付きましたか?そして、在庫希少の表記も。
そうです、X7の後継機が発表されました。「EOS Kiss X9」です。発売予定は2017年7月下旬。

▶︎ EOS Kiss X9の製品サイトはこちら

APS-Cデジタル一眼レフで世界最小を誇る「EOS Kiss X7」(2013年4月発売)の後継機。新たにバリアングルモニターを搭載し、スムーズなライブビュー撮影に寄与するデュアルピクセルCMOS AFに対応したほか、Wi-Fi/NFC/Bluetoothといった通信機能も搭載した。同社では、可動式モニター搭載の一眼レフカメラで世界最軽量とアピールしている。

引き続き小型ボディを特徴としつつ、簡単操作やスマホ連携の強化といった機能面は同社がハイクラスエントリーに位置づける「EOS Kiss X9i」に準じている。

引用:デジカメWatch

EOS Kiss X9は、X7の小型路線は引き継ぎこれまで非搭載だった「バリアングル液晶」を採用、基本的な性能をX9iに近づけたようです。

X9では、カラーバリエーションは3種類です。
個人的にはエントリークラスのカメラはカラバリがあった方が嬉しいです。

画像出典:キヤノン製品サイト

個人的にはシルバーが好きかな。
この配色はキヤノンのコンデジ「G9X MarkⅡ」を彷彿させますね。

画像出典:キヤノン製品サイト

一眼はEOS Kiss X9、ポケットにはG9X MarkⅡを忍ばせておく。そんなミニマムな組み合わせもカッコいいです。
デザイン的にはG9X MarkⅡの方がまとまっている印象ありますね。素敵です。

最後に、今回のまとめ

現行のキヤノンのエントリークラスの一眼レフをまとめましょう。

  • X9i → Kissシリーズ最上位機種。
  • X9 → 小型モデルX7の後継機として、2017年7月発売。
  • X8i → X9iの前モデル。X9iでは高すぎるって方はこちら。
  • X7 → X9の前モデル。お手頃価格でおすすめ。
  • X80 → 個人的にはおすすめしません。X7でよろしいかと。
  • EOS9000D→Kissはちょっとって方はこちらへ。

EOS KissシリーズはX9i、X8i、X7、X80にX9が加わるわけですが、機種名だけだともはや上位も下位も全くわかりませんね。

yama
ネットで買う時に、機種名間違いそうで怖いw

Canonの一眼レフを紹介してきましたが、いかがでしょう?
他のメーカーの機種も気になってきましたか?

ニコン デジタル一眼の選び方まとめ 初心者でも使いやすいオススメを紹介!! という記事で、ニコンの一眼レフのラインナップ紹介もしていますので、参考にしてくださいね、

それでは、今回はこのへんで。

ひとり広報
Line@ 始めました !


  • デザインのコツに関する質問・疑問
  • デザイナーに仕事頼んだらこんな価格提示あったけけど、これって高いの?
  • 記事の「ここがわかりにくぞ!!」
  • デジカメ購入相談 など

「これってどうなの?」ってくらいの感じで気楽に使ってやってくださいな。

↓ コチラをポチッと

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA